ページトップへ

トップ  > 満田拓也  > MAJOR 2nd
連載作品
MAJOR 2nd
MAJOR 2nd

MAJOR 2nd
満田拓也

ストーリー&キャラクター

 茂野大吾は、プロ野球選手の父親・吾郎に憧れて野球を始める。才能のなさと2世の重圧から一旦は断念するが、佐藤 光と出会い、大吾と光は「いつか二人でバッテリーを組もう!」と約束する。試合中の事故で光が負傷し大吾はまたも意気消沈するが、光の順調な回復を知り再度野球にチャレンジすることを決意し、中学に進学する。
 大吾が主将を務める風林中学軟式野球部は、女子6名を含む9名ギリギリで始動。初めての大会で大吾たちはリトルリーグ時代のライバル・眉村道塁を擁する大尾中との決勝戦に進むが、接戦の末敗退。さらに県大会準優勝の強豪、辻堂中との練習試合では屈辱的な大敗を喫し、さらに大吾は相手チームのキャッチャーとして再会した光に心ない言葉をかけられたことで深く傷つき、ついに心因性のストレスで倒れてしまう。
 それを聞いた父・吾郎は大吾の元へ駆けつけるが、その前に吾郎のかつての因縁の相手・江頭が立ちはだかり、野球部は存続の危機に! 吾郎はかつての盟友・佐藤寿也の力を借りて、風林中野球部立て直しのため奔走。寿也を監督に迎え、本格的な練習をスタートさせる。さらに、同じく廃部の危機にあった大尾中の道塁たちが新たに加わり、風林×大尾の合同チームが始動!
どこまでも熱い王道野球物語…中学生編!!

  • 茂野大吾

    メジャーリーグや日本代表で大活躍したプロ野球選手・吾郎の息子。光のケガに責任を感じ再び野球をやめたが、回復した光の励ましもあり再び野球をやることに。風林中2年で野球部キャプテン。

  • 佐倉睦子

    大吾と同じ風林中に通う2年生。初恋の相手が大吾だった。センス抜群の野球部副キャプテンでエース。

  • 椛島アニータ

    風林中1年。横浜リトルで正捕手をしていた。関西弁を使うハーフ。

  • 沢 弥生

    3番セカンド。横浜リトル時代に肘を傷めて野手に転向していた。

  • 相楽太鳳

    (さがら たお )

    2番ショート。横浜リトル出身。

  • 関鳥(かんどり)星蘭

    8番サード。ダイエットのため野球部に入部した。左投手にめっぽう強い。

  • 藤井千里

    1番センター。横浜リトル出身。リリーフピッチャーも務める。

  • 仁科 明

    南陽ライオンズの元エース。野球推薦で風林中に入学した1年生。

  • 眉村道塁

    (まゆむら みちる )

    大尾中のエース。横浜シニアで硬式野球に取り組むが、女子であることを理由に先発を外され軟式に転向。兄とともに大吾のライバル。

  • 藤井千代

    千里の姉。野球部に仁科目当てでマネージャーとして入部。2年生。小4まで千里と一緒に野球をやっていたが、妹が上達するのを見て自信をなくし、野球をやめていた。

  • 郷田早苗

    郷田早苗

    大尾中1年生。道塁に憧れて野球を始めた初心者。寿也に優れた視覚機能を買われてマンツーマン指導を受ける。

  • 魚住昂太郎

    大尾中野球部の正捕手で4番だった。かつての道塁のチームメイト。

  • 千葉拓巳

    風林中学野球部1年。仁科と同じ少年野球チームでプレイしていた。

  • 山口先生

    風林中学野球部顧問。野球音痴。

  • 茂野吾郎

    大吾の父。160キロの剛腕サウスポーとしてメジャーリーグで活躍。日本プロ野球や台湾リーグなどを経て、40歳を越えたいまも高知の独立リーグで現役選手を続けている。

  • 坂口(佐藤)光

    辻堂中学野球部2年生。レギュラーチームのキャッチャー。かつて大吾とともに少年野球でピッチャーとして活躍していたが、試合中に怪我を負う。両親は離婚し群馬の母親のもとに引き取られたが、中1のとき大吾の地元・神奈川に戻って野球を続けていた。

  • 佐藤寿也

    光の父。大吾の父・吾郎に誘われて野球と出会い、強肩強打のキャッチャーとしてプロ野球で活躍。その後メジャーリーグに進み、吾郎とバッテリーを組む。現在は引退し野球解説者を務めている。

  • 江頭哲文

    風林学園中等部学校長。就任後に経営方針を変更し、スポーツ校から進学校へとシフトしようとしている。かつて茂野吾郎が在籍した海堂高校野球部のマネージャーで、吾郎とは因縁の間柄。

Newsニュース

コミックス最新刊

MAJOR 2nd 24
MAJOR 2nd

満田拓也

最新 24 大人気発売中!

風林×大尾の合同ナインで冬合宿へ。初日、練習試合の相手はあの「海堂中」!