死亡の館、赤い壁[三顧の礼/掌中の物/死せる孔明/空城の計]


FILE

  • 第65巻-File8「赤い壁」
  • 第65巻-File9「掌中」
  • 第65巻-File10「死せる孔明」
  • 第65巻-File11「生ける仲達を走らす」
  • 第66巻-File1「絶妙好餌」

メインキャラ

  • 江戸川コナン
  • 毛利蘭
  • 毛利小五郎

場所

希望の館/翠川尚樹宅/山吹デザイン事務所/スタジオ・モモセ/直木司郎のアパート/新野病院


ゲストキャラ

大和敢助/上原由衣/明石周作/翠川尚樹/小橋葵/山吹紹二/百瀬卓人/直木司郎/諸伏高明


事件の内容

 長野県警の大和敢助警部の求めに応じ、事件の捜査協力の為に長野を訪れた小五郎達。森の中に建てられた「希望の館」という名の古い屋敷で、男性が室内に閉じこめられて餓死させられる殺人事件が発生し、被害者がダイイングメッセージを遺していたものの、全く解けなくて困っているというのだ。そのダイイングメッセージとは、部屋の1つの面の壁だけをラッカースプレーで赤く塗りつぶし、白と黒に塗り分けて背中合わせにした2つの椅子の、白い側に遺体が座っていたというもの… はたして、このメッセージに込められた真意とは!? コナンと大和敢助警部の他に、所轄の諸伏高明警部も捜査に加わり、神算鬼謀の3人が力を合わせ、難攻不落の“赤い壁”事件の謎解きに挑む!!


収録コミックス