怪盗キッドの瞬間移動魔術[テレポーテーションマジック]


FILE

  • 第61巻-File1「紫紅の爪[パープル・ネイル]」
  • 第61巻-File2「瞬間移動」
  • 第61巻-File3「3つのタブー」
  • 第61巻-File4「Zero[ゼロ]」

メインキャラ

  • 江戸川コナン
  • 毛利蘭
  • 毛利小五郎
  • 鈴木園子
  • 怪盗キッド

場所

鈴木次郎吉邸/錦座4丁目交差点/ビルの屋上


ゲストキャラ

鈴木次郎吉/中森銀三


事件の内容

 怪盗キッドを捕まえて新聞の一面を飾る事に執念を燃やす、園子のおじで鈴木財閥相談役の次郎吉。彼は伝説のミュール“紫紅の爪[パープル・ネイル]"を餌に、再度キッドへ挑戦状を叩きつける。今回、キッドに対して用意した秘策は、繁華街・錦座4丁目交差点の歩行者天国ど真ん中にお宝を展示するというもの。群衆が多数いる交差点の四方を、高さ約20mの巨大な網で囲む事で、キッドの退路を断とうというのだ。だが、キッドは余裕綽々、テレポーテーションで逃げると宣言。半信半疑な周囲を尻目に、煙幕の中に消えた彼は「スリー」・「ツー」・「ワン」というカードを放ち、ミュールと共に交差点に近接するビルの屋上へ瞬間移動を果たす。移動前に彼のマントへ偶然付いた汚れが移動後も残っている事から、影武者で無い事は明白。 キッドは盗み損ねたミュールの片方を奪いに明日も来るというのだが… 果たしてコナンは彼のマジックのタネを見破る事ができるのか!?


収録コミックス