風林火山 迷宮の鎧武者/陰と雷光の決着


FILE

  • 第59巻-File5「百足」
  • 第59巻-File6「鎧武者」
  • 第59巻-File7「兵法」
  • 第59巻-File8「風林火山」
  • 第59巻-File9「戦」
  • 第59巻-File10「陰と雷」

メインキャラ

  • 江戸川コナン
  • 毛利蘭
  • 毛利小五郎
  • 服部平次
  • 遠山和葉

場所

虎田家邸内/龍尾家邸内/流鏑馬稽古場/虎田家馬小屋/虎田邸近くの林/埋蔵金探しの山小屋/踏切


ゲストキャラ

虎田直信/虎田義郎/虎田達栄/虎田繁次/龍尾康司/龍尾為史/龍尾盛代/龍尾景/龍尾綾華/虎田由衣(旧姓:上原)/大和敢助警部/甲斐玄人


事件の内容

 長野の名家当主から、息子の死について調べてほしいと依頼を受けた小五郎。直接の死因は竜巻に巻き込まれた事だが、死体の傍らに百足の死骸が置かれていたことから、この家に恨みを持つ誰かが瀕死の息子を見殺しにしたに違いないというのだ。そして偶然、服部平次も別の名家当主から、同じように百足の死骸が置かれて撲殺された事件の捜査依頼を受けて長野に来ていた。しかしながら、小五郎に依頼した家と平次に依頼した家は代々いがみ合っていて、互いに犯人が向こうの家にいるはずだと言って譲らず、なかなか捜査は進展しない。そんな中、コナンと平次は、6年前に流鏑馬の射手が死んだ事故を調査中の大和敢助と名乗る隻眼の長野県警警部に遭遇。彼から、このままいけば戦国乱世の戦場のように死人が出ると暗に連続殺人の可能性をほのめかされる。そしてその予言通り、蘭と和葉が鎧姿の落ち武者の影を目撃した翌日から両家の関係者が次々と殺害され始めて… はたしてこの連続殺人事件の真相とは!?


収録コミックス