赤と黒のクラッシュ[血縁/絶叫/冥土]


FILE

  • 第57巻-File1「母の遺品」
  • 第57巻-File2「死を呼ぶ片手袋」
  • 第57巻-File3「黄泉からの殺人者」
  • 第57巻-File4「哀しみの手袋」

メインキャラ

  • 江戸川コナン
  • 毛利蘭
  • 毛利小五郎
  • 阿笠博士
  • 灰原哀
  • 目暮十三
  • 高木渉
  • ジョディ
  • 鈴木園子

場所

杯戸中央病院/毛利探偵事務所/奥平家


ゲストキャラ

本堂瑛祐/奥平詠子/田端菊代/瀬川旗郎/奥平角蔵/奥平鍛吾


事件の内容

 先の事件で、水無怜奈と本堂瑛祐の血液型がそれぞれAB型とO型で、理論上は血縁関係にないことが判明した。しかし、まだ瑛祐がO型であることを信じきれないコナン。瑛祐の提案で、母子手帳で確認することに。それは、彼の母が生前住み込みで働いていた屋敷にあるというので、さっそくその屋敷に向かう。一方、小五郎もそこの主人から、ある事件の依頼をされていた。その事件とは、1年前にその家の息子が両手両足を縛られて溺死したもので、小五郎に再調査をしてほしいというのだ。しかも、息子の死体が片手につけていた白い手袋の、もう片方が彼の書斎に落ちていたらしく、殺人者の影に怯える主人。そして、彼が書斎に1人きりになった時、室内から5千万円の壷が割れる音が! 「開けるな!」という絶叫の後、室内には首を吊った主人の姿があった。コナンはこれが仕組まれた密室殺人で、死体の足元に落ちていた血の付いた本がダイイングメッセージではないかと推理。はたして殺人者は誰なのか?


収録コミックス