ページトップへ

京都スイーツと毒薬

FILE

  • 第102巻File-8「甘い罠」
  • 第102巻File-9「半開きの扉」
  • 第102巻File-10「扉の先の真実」

メインキャラ

  • 江戸川コナン

    江戸川コナン

  • 毛利蘭

    毛利蘭

  • 毛利小五郎

    毛利小五郎

  • 服部平次

    服部平次

  • 遠山和葉

    遠山和葉

  • 大岡紅葉

    大岡紅葉

  • 伊織無我

    伊織無我

  • 黒田兵衛

    黒田兵衛

  • 安室透

    安室透

場所

京都徳大屋 XX.cafe嵐山本店 祇園ななこ 蜂屋 株本恭助の家 大多福屋 フルーツサンドアオイソ

ゲストキャラ

蘭と和葉の観光ガイド/軽尾明児/稲葉玲佑/木俣重記/剣崎修/光本兵我/株本恭助/ピザ配達員/行田仁香/綾小路文麿/老人

事件の内容

蘭と和葉は、京都の名店を巡るスイーツ食べ歩きをしていた。そのスポンサーは、小五郎と平次をモデルにした舞台を企画したスタッフたち。蘭たちが食べ歩きをしている時、コナンと小五郎と平次は、打ち合わせのために演出家の株本恭助の家にいた。そこには演出家の株本恭助、プロデューサーの軽尾明児、脚本家の稲葉玲佑、舞台監督の木俣重記と舞台のスポンサーである大岡コンツェルンの大岡紅葉がいた。そして協力者として黒田兵衛も現れる。黒田は京都に来て大岡家に立ち寄った時に、紅葉に協力を頼まれてやってきたという。一方、和葉は紅葉が舞台に絡んでいることを察知し、伊織無我が同行していたことも気づく。伊織は、紅葉の命令で食べ歩きコースすべて行かないと株本の家には連れていけないという。コナンたちは宅配ピザを頼んでみんなで食べていたが、ダイエット中の株本は食べなかった。そして打ち合わせ中に眠くなった株本は、仮眠をとるために2階へ行く。打ち合わせがひと段落して帰ろうとする黒田は、株本と親しかった自殺した女優の行田仁香について聞く。彼女は今回も妻役でキャスティングされていたという。黒田が帰る挨拶をするために株本を探すと、2階の密室で死んでいるのを発見する。死因は服毒によるもので、京都府警の綾小路文麿は服毒自殺だと判断するが、コナンと平次は殺人事件と断定。密室の毒殺事件を解決するための推理が始まる!

事件No.313

収録コミックス