WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

田口ケンジ

Vol.176/2016年4月20日

 今週の『姉ログ』は300回&最終回!


 前回から2年後……女子大生となった靄子が、高3へ進級した輝に対し、相も変わらぬ妄想劇場を繰り広げます。
 何やらデジャヴを感じるであろう冒頭は、なんと初回第1話とまったく同じ流れ。何年経っても近衛靄子は変わらない、ということなんでしょう。さすが止まらないモノローグを3年半も続けてきた妄想姉さんです。




 2012年9月から始まった『姉ログ』……このバックステージも、第一回から毎週欠かさず更新してきました。
 第一回の初コメントを抜粋してみると……

 この漫画は「弟に求婚され、かつ欲情もされていると思い込んでいる姉が、そんな弟の魔手から逃れるべく奮闘したり、パニクったり、なんかモヤモヤしたりする」お話です。
 描いた人間の正気を疑うようなあらすじですが、内容に嘘偽りないので仕方が無いところです。
 作者の趣味嗜好がガッツリ盛り込まれたショートコメディーですが、これからどうぞよろしくお願いします!

 …こんなことを書いていました。凄い、今と全く心境が変わっていない(笑)


 というか改めて、こんな出オチみたいなあらすじでよくもまあ300回も描いたなと、我ながら感心します。それもアシスタントを使わずに。
 元々サンデーで連載する気が無かった、ネット上でのラクガキ目的で閃いた原案ですからね、『姉ログ』は。いやぁ~人間、肩肘張らずに自然体で勝負した方が成功しやすいんでしょうね。


 常に初心で、常に楽しく、常に自由奔放に3年半描かせてもらいました。
 ドラマCDやファンディスク、OVAシリーズなど、貴重な体験をさせてもらったことも良い思い出です。
 『姉ログ』に触れて「姉…ええやんか!」と、姉萌え属性に目覚めた人がいたならば、それこそが至上の喜びです。


 今まで応援ありがとうございました!!
 田口ケンジ先生の次回作にご期待下さい(自分で言うことか?)!!

プロフィール

田口ケンジ (たぐち けんじ)

2004年 『パッチワークフェイス』でまんがカレッジ努力賞を受賞。
2009年 第1回クラブサンデー新人王に輝き『DCD』を連載開始。
2012年42号~2016年21号にて『姉ログ』を連載。

田口ケンジ先生への励ましメールはこちら

このページのトップへ