WEBサンデー

NEWS

2021年4月28日

マヂカルラブリーのインタビュー完全版を公開!!

 少年サンデー22・23合併号の「ホビーの楽園!!」に登場したマヂカルラブリー。本誌に載せきれなかったインタビュー完全版を大公開!!

マヂカルラブリー

――サンデー作品で好きな漫画は?

●村上 『うしおととら』、『天使な小生意気』、『スピンナウト』、『今日から俺は!!』…わりと西森博之先生の作品が多いですね。

●野田 西森先生はもう、全部面白いもんね。すごいよね。

――漫画からネタに影響を受けることはあるんですか?

●村上 めちゃくちゃありますよ、基本ぼくらのネタは漫画からきてるんで。『賭博黙示録カイジ』(講談社)とか。元ネタを知ってる人はぼくらのネタを見て「あ、この漫画のこれをやりたいんだな」ってすぐわかると思います(笑)。

●野田 ぼくはなぜか『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(集英社)にめっちゃ影響受けてますね。発想が思わずネタに使いたくなるんですよね。

●村上 あ、サンデーなら南ひろたつ先生の『もうスンゴイ!!』。これはぼくがお笑いをやる上でだいぶ影響を受けました。劇画タッチのギャグ漫画で、こういうギャグがあるんだ、って。感動に近いですね。

――ちなみに村上さんの芸名はビッグコミックスピリッツで連載していた『東京大学物語』の主人公からとったと聞きましたが…。

●村上 そうです。あの漫画はぼくのバイブルですね。豊かに生きるためのコツを教えてくれた漫画だと思ってます。ぼくの持ってる最終巻はふせんだらけですよ。めっちゃ貼ってます。すごくいいことを言ってるんですよ。ふせんを貼った漫画は後にも先にも『東京大学物語』だけです(笑)。

――本誌では4月29日に発売されるゲーム『スーパー野田ゲーPARTY』を中心にインタビューしています。ゲーム作品からもネタに影響を受けることはありますか?

●野田 ネタというか、ぼくの芸名「野田クリスタル」自体がもう、FF(ファイナルファンタジー)の影響ですからね。

●村上 ぼくもFFシリーズは好きで、特にFFⅥは5周くらいやりましたね。

●野田 あんなに面白いゲームはないですからね。ぼくはⅢ、Ⅳがすごく好きです。ほかの芸人も多いですよ、FFの影響受けてる人たち。

●村上 まんまFFの流れ、ってネタも結構ありますね。

●野田 FFⅦのネタ、まんまやったことがあります。

●村上 まるまる一本(笑)。

●野田 史上初の、「FFⅦの神羅ビルの階段じゃねーか!」ってツッコミが生まれました(笑)。

――ネタ作りはどういうときにされているのですか?

●野田 やっぱり、そういう(ネタ作りの)時間をきっちり作ってやらないとダメですね。知らないうちに自分の中に色々と溜め込んでいて、さあ、いざ考えようってときに、それが出てくるんです。ずっと考えたままだと、素材がないから出てこないんですよね。ほとんど負の感情から作られていることが多いので。

――負の感情、ですか?

●野田 いい思い出をモチーフにしてネタを作るより、ツバ吐きかけられた体験からネタを作るほうが早いんです。負のほうが早い(笑)。2018年のキングオブコントでやった傘泥棒のネタ(※自分のビニール傘を探していた若者が、老人に傘泥棒と間違われてしまう)なんか、ほんとにあったことですから。ネタもそうですけど、ぼくが作るゲームも負が多めな気がしますね(笑)。

――こうして見ているとお二人のコンビ仲はとても良さそうですが、実際のところは?

●村上 仲良しではないです(笑)。

●野田 大人の対応。

●村上 仲がいいほうがいいんですか? 絶対にみんな、「仲良しですね」とかって言うんですけど…(笑)。

●野田 泊まりの仕事で、ホテルの部屋が一緒になりました、って言われたら絶対に一緒の部屋にはいないですね。

●村上 いやホント、自腹で別の場所に行きます。

●野田 自腹で漫喫。

――お互いにすごい拒絶ですね…(笑)。今までお二人で同じ部屋に泊まったことは一度もないんですか?

●村上 ええと、あそこ…ジャカルタの営業一緒じゃなかった?

●野田 あ、ジャカルタ一緒だった。泊まりではなかったけど。

●村上 そのときは、何時間か一緒の部屋に…(笑)。

――ジャカルタの営業ですか!?

●野田 はい、ジャカルタのイオンモールでの営業です。しかも日帰りジャカルタ。大宮(の劇場)飛び出し、ジャカルタ営業、大宮飛び入り。

●村上 ぼくらにとってジャカルタは、幕張と一緒です(笑)。

●野田 確かにジャカルタのイオンモールの構造も、ちょうど幕張と似てた(笑)。

――ジャカルタのお客さんの反応は?

●野田 全然、笑ってないです(笑)。でも、みんなニコニコして見てくれてました。頑張って、って温かい感じで。

●村上 ありがたいですね。

――最後に、お二人の今後の目標は?

●野田 そうですね…色々考えたら「イヤなことがなくなっていく日々」って気がしてきました。

●村上 穏やかに生きる(笑)。ちょっとのことで腹を立てず、思いやりを持って、人に優しくできるように…

●野田 そう、人を憎まず。争いに乗らない。人が争ってたら、目を背ける(笑)。

●村上 そんな毎日がいいですね。戦うことがゼロの人生。

●野田 何かもう引退するみたいになってるな(笑)。

サンデー本誌では『スーパー野田ゲーPARTY』の情報&インタビューをたっぷり紹介! マヂカルラブリー二人のサイン入りつり革プレゼントも! こちらも見逃すな!

マヂカルラブリー
    ABJ

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。

    このページのトップへ