WEBサンデー

NEWS

2018年7月4日

少年サンデー32号のハロプロ美少女3人娘。フリートーク完全版!

 少年サンデー32号本誌に掲載しきれなかったフリートーク完全版を、こちらで大公開!!

井上:今日の撮影どうでした? 私、久しぶりにプールに入ったんですよ。
植村:私も、めっちゃ久しぶりだった! 水着の撮影自体2年ぐらいお休みしていたから。
牧野:植村さんの水着はめちゃくちゃレアですよね。
植村:今日は、3人で先輩、後輩とか関係なく話せた感じがしたよね。2人とも面白いから、もう同い年と喋っているみたいな。
井上:私は、グループでいる時と全然違う気がしました。こぶしファクトリーにいる時は“少年”っぽさが出てしまいますが、今日、お2人と一緒にいて、なんか“女の子”を取り戻せた気がします(笑)。
植村・牧野:アハハ!
牧野:
でもJuice=Juiceの皆さんは女子力高そうですよね。

植村:えー、そう見えてたら嬉しいけど全然だよ。中学生男子みたいな感じで。
牧野:モーニングも体育会系で、「おい、弁当食べるぞ!」みたいな。
植村:何それー(笑)。
井上:今日のプールの撮影は、顔を水面につけたらダメって言われて大変でしたね。犬かきみたいに頑張って。犬を一生懸命イメージしながら、水をかくみたいな(笑)。
牧野:私も1mくらい進んだら、シューって沈んじゃって、大変だった(笑)。
植村:制服の撮影もあったけど、2人はまだ現役だもんね。
井上:青のYシャツは、そんなにないので新鮮でしたね。しかも赤と緑とかのネクタイ付けて、かわいかった。
植村:私は久しぶりに、制服を着たから楽しかったぁ。
牧野:大人っぽかったです、植村さんの制服姿。れいれいも大人びて見えたな。前髪流してるのが似合ってた。
井上:えーそうですかぁ。嬉しいな。
植村:2人とも綺麗だったよ!
井上:真莉愛ちゃんもしゃべってみると可愛らしいなって印象なんですけど、写真とかで見ると表情が大人っぽくて、全然違う印象で、やっぱり年上だなって思ってました。
牧野:へへ。
植村:あれ、真莉愛ちゃん照れてる?
植村・井上:照れてるー!! 真莉愛ちゃん照れてるー!!
牧野:
やめてくださいよー(笑)。

植村:今日はピアノとかも弾いたよね。『サンデー』の誌面では分からないけど、けっこう音が出なくて…ドとかシとか。
牧野:ミ・ド・ミ・ド・ミ・ソ・ソ♪とか弾こうとしたら、ミ…ミ…ミ…あれ? ドが無ーいみたいな(笑)。
井上:『ねこふんじゃった』もほぼ弾けなかった(笑)。
植村:あれは笑えたね。制服の次は部屋着の撮影だったね。
牧野:部屋着は、最近、暑いのか寒いのか分からなくて。室内で良かった。しかも晴れたし。
井上:晴れて良かった。日焼け止め必要なくらいでしたよね。
植村:日焼け止めと言えば、メンバーみんなで、日焼け止めを塗らない年とかない?
牧野・井上:えー、無いです。
植村:
もう、今年はいいやみたいな。

井上:中学生ぐらいの時はあったかも。
植村:塗ろうってなったらみんな塗るじゃん。「私も塗っとこう。日焼け止め貸してー」みたいに。けどさ、みんなが諦めてたら、自分も「まーいいや」って。でも、この3人でいると私も塗ろうかなってなったよ(笑)。こういうのが女子力だね。去年は、さぼったの、私。
井上:でも、(植村さん)普通に白いですもんね。
牧野:白ーい。
植村:でも去年、ブラジルの海に日焼け止めしないで入ったら、ここに跡がついちゃって、それが中々消えなかったから、今年は頑張ってみます。今年は日焼けをしない夏に!

牧野:話変わりますけど、私が今日(撮影中に)思ったのは、ダジャレをもうちょっと鍛えて面白くしたいなって (笑)。
植村:えー、面白かったよー。もっといろいろ聞きたかった。
牧野:まだネタが少なすぎて、中学生ぐらいの時に考えていたやつを言ってったら、すぐネタ切れになっちゃって。
井上:でも、すごいですよ。あんなに思いつかないですよ!
牧野:ファイルに書き留めてたんですよ。
植村:えー、そんなにガチでやってたの?
牧野:そうです。思いついたら友達に教えて反応見て貯めてました。
植村:けっこう本気でやっていたんだね。スラスラ出てくるなっとは思ったんだけど(笑)。
牧野:それは、もともと頭に入ってたからで。でも、静かに笑うみたいな感じでしたよね。「あ、あーうん…」みたいなのが多かったなって。
植村:いや、いや、笑った笑った。面白いなって思ってたよ。
井上:はい。でも、めちゃめちゃ自信満々に言ってたのに、全然ダジャレになってないのも、面白かったです。
植村:「レフはセルフでお願いします」ってやつだ。
井上:フしかあってなかった(笑)。
植村:でも、まりあちゃんが笑わせてくれたかたら、撮影があっという間に終わった気がしたよ。

牧野:このグラビアが掲載される『サンデー』は7月頃の発売。もうすぐ「夏ハロー」が始まると思うんですけど、何か意気込みとかありますか?
井上:7月は、私と飼ってるワンちゃんの誕生月なので頑張りたいです。「誕生日オーラ」をバンバン出していきます。
植村:えー、ワンちゃん飼ってるの? なんて名前?
井上:小夏です。
牧野:かわいいー! フィッティングの時に、「小夏が、小夏が」って奥で話しているのを聞いたことがあって、妹がいるのかと勝手に思ってた。
井上:ワンちゃんです。黒柴。
牧野:黒柴? 黒い柴犬?
植村:真莉愛ちゃん、それ、そのまま(笑)。
井上:あと、夏コンサートは衣装も楽しみですね。
植村:今回も、たぶんあると思うんだけど、シャッフルユニットの組み合わせも楽しみ。Juice=Juiceは8人になったので8人の力を見せていける「ハロコン」になるといいなと思います。
牧野:モーニング娘。は、同期の尾形春水ちゃんが卒業して、12人ではじめての「ハロコン」になるので、12人でも大丈夫だよという姿を見せたいですね。あと、「ハロコン」と言えば、みんな集まるから、みんなと仲良くできたらいいなと思います。写真撮ったりとか、楽屋が全員一緒じゃないですか、ハローのメンバーといろいろ話をできたらなと思います。
植村:けっこう、写真撮りに行けないんだよね私。
牧野:そう、真莉愛もなんです。
井上:私もそうです。
牧野:人見知りというか… 私、人見知りとかなかったのに、小さい頃。みんなにワーって話に行く人だったのに、だんだん大きくなるにつれ、喋るのが怖くなって、これきっと人見知りなんだなって。
植村:本当? そんなこと全然ないよ。
牧野:知っている人とは話せるけど、あまり話したことない人とは「アッ…」みたいな風になっちゃう。
井上:でも、緊張しますよね。先輩とかと話すのもすごく緊張するし、だからといって、「ハロコン」とかでないと話す機会もあまりないじゃないですか。困りますね。何を話しかけていいのか分からないじゃないですか。振りを合わせるとかは話しやすいけど、趣味とかまだ分からないから、どう話していいのか。
植村:確かに先輩とかだとそうなっちゃうかもだよね。
3人:「……」
牧野:
危ない、(話が)終わちゃった(笑)。

3人: アハハ。

牧野:ハローって今年20周年でしたよね
植村:今年20周年。
牧野:すごくないですか20周年て。みんな生まれてない。
井上:私たちが生きているより、もっと長い年ですよね。すごいよね。それこそモーニングのOGさんとかいっぱい出て「ひなフェス」も豪華でしたね。
植村:豪華だったね─!
牧野:ファンの皆さんの歓声もすごかった。
植村:鳥肌たったもん。
井上:OGメンバーさんとかも、後ろで観てたじゃないですか。歴史をすごく感じました。
牧野:今年もなんかあるんですかね、サプライズとか。
井上:サプライズはうれしいですね。
植村:常に変化と進化をし続けているので、楽しみにしていてくださいね。これからも頑張っていきたいと思います。
3人:よろしくお願いしまーす!

※32号デジタル版ではグラビアページ倍増中!!

ABJ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。

このページのトップへ