週刊少年サンデー
1989年1・2号合併号〜1995年52号に連載

帯をギュッとね!
まんがを読む!
 中学時代はライバルだった柔道少年・粉川 巧、杉 清修、斉藤浩司、三溝幸宏、宮崎 茂。この5人が浜校に集結した。なんと全員が黒帯所持者。さっそく柔道部を結成し、高校生活がスタートするが…!?
 熱血柔道ラブコメ『帯をギュッとね!』は、『モンキーターン』でおなじみの河合克敏先生の初連載作品です。ここでは、中学生の5人が一堂に会した昇段審査試合のお話「5人の出会いPART・1」をご覧になれます。幼なじみ、保奈美の声援を受けて試合に挑む粉川、対する三溝。初段をめざしての熱い戦い、果たして結果は…!!
河合克敏
 「帯をギュッとね!」は、第1回コミックグランプリをとったまんがでね。コミックグランプリってのは、連載作品の第一話の部分を投稿して、面白かったら即連載が取れるってゆう賞でね。第2回の入選は藤田和日郎さんの「うしおとら」だったんだよ。コミックグランプリは5回か6回ぐらいまで続いて、今はもうないんだけど、またそういうのやればいいのにね。「新世紀コミックグランプリ」とかいってね。
 第1話のお話は1週間ぐらいで書けちゃった。自分でも不思議なほどサラサラとアイディアが出てきたのを覚えてる。その1年ぐらい前に増刊に載ったデビュー作はなかなかできなくて、完成までに8ヶ月以上もかかったのにねえ。あと、このまんがは、第1話ができた時、まだタイトルが決まってなくてね。初めてここでいうけど「帯をギュッとね!」ってタイトルの名付け親は、師匠の上條淳士先生(ビッグコミックスピリッツにて現在「8」連載中………!?)なんです。電話で話をしててね。俺が「タイトルまだ決まってねーんですよ」って言ったら、上條先生が「柔道物だからね…柔道…畳…黒帯…」って突然「ヒヒっ」って笑って(あの人が変なことを思いついたときの癖)「'帯をギュッとね!'とかね」って言うのよ。その時は俺も「そんな変なタイトルのまんがは聞いたことないっすよ!」って答えたんだけど、結局その後もいいタイトルが浮かばなくてね。賞に出した後に、仮のタイトルでもいいからとりあえず『帯をギュッとね!』にしちゃったの。そしたらグランプリとって連載が決まっちゃったんで、上條先生に報告しにいって、「連載決まりました!'帯をギュッとね!'」って言ったら当人がビックリしてたね。「河合君、それでいいのっ!?」ってね。なんとなく、仮タイトルで「帯をギュッとね!」って呼んでるうちに、変だけどいいタイトルなのかなあって思えてきたんだよね。
 このまんがも最終的にはかなり本気モードだけど、初期の段階ではスポーツしながらのドタバタコメディーって感じだったし、当時のサンデー、というかまんが界全般にはシンプルなタイトル(『ラフ』とか『B・B』とか『YAIBA』とか『拳児』とか)ばかりだったので、『帯をギュッとね!』というタイトルはインパクトの面ではすごくよかったと思う(『今日から俺は!!』も増刊で始まってたと思うんだけどね)。
 まあ、当時は若いんだからとにかく、誌上で目立つことばっかり考えてた。浜名湖高校の校歌を作ったり、見開きのページで柔道部のメンバー5人がふんどし一丁になったり、サンデーの表紙で桜子・保奈美・麻里の女の子三人の表紙(主人公の巧がいない!?)を描いたり……真剣にばかばかしいことをやってた。楽しかったらいいじゃん、ってそういうまんがでしたね。みんなに読んでもらえて「ああ、楽しいなあ」、って思ってもらえればそれだけで最高です。


小学館文庫
『帯をギュッとね!』
(定価各590円+税)
小学館

YAIBA
 
ショップ

SHOPマークをクリックすると、インターネットでこのコミックスを注文・購入できるよ。

戻るトップページ
(C) Shogakukan All rights reserved.