WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

若木民喜

Vol.15/2006年3月29日

最近トレス台に向かい過ぎで目がどうにかなったんでしょうか。
トゥームレイダーの新作のララさんが美人に見えるんですが・・・。本当にキレイになったんでしょうか。それとも今までがひど・・・いや、別に。

この調子でランブルローズのキャラクターも美人に見えてきて欲しいです!


こんにちは。若木です。

今週は15話目が載りました。今回でようやくシュライク編が終わりました。今回は膨大な設定説明とストーリーとの兼ね合い、更に、それらの情報の出し方と話全体の尺の長さとのバランスに非常に苦労しましたよ。おっと、あんまり現場の裏舞台は言うべきじゃないか。まあ、いい経験になりました。

次回からはまた違う出会いと違うお話が待っています。次は海の近くに行こうかと思っております。海の近くに住んでいるモノバイルって、どんな素石なんでしょうね。本棚に元素の本が段々増えてきて、この調子だと、もう一度大学入試を受けられそうですよ。化学だけ。でも、記憶力の減退で少しも覚えられないのが悲しい・・・。

みなさんからのメール、全部読んでます。こんな会ったこともないボクに宛てて色々近況を書いてくださっている方もいて、そういうのは特に楽しく読んでおります。受験に受かった方、おめでとうございます! 新生活を楽しんでください。受験に落ちた方・・・からのメールはさすがに無かったですが、そういう方がいらっしゃれば気を落とさず頑張ってください。僕の友達を思い出してみたところ、、大学受験に失敗した数が多い人ほど後で収入が多くなってます。3浪した連中が一番の高給取りです。そう思うと、受験は過程でしかありませんね・・・。そうそう、お奨めお菓子を教えてくださった方もありがとうございます。森永のフリュイ、食べましたか? フルーツ+チョコは美味しいなぁ。


さて、そんな僕ですが、相変わらず外に出ることが余りなくて。家具調な生活です。「のび太の恐竜」がすごく見たいんですけど・・・外にも出ないのに、映画館に出向くなんて、もう天竺に行ってお経を取りに行くような大儀ですよ。

「のび太の恐竜」は、ボクらの子供の頃も大ヒットして、みんなが知っている話ですが、本当にときめき話ですな! 恐竜を飼うなんて(ピー助は首長竜だけど・・・)! ボクも恐竜飼いたいなぁと心底思っていたものです。子供の頃のピー助はマジかわいいですよ。

ピー助のかわいさを元に、動物のかわいい度を測る公式を考えました。


かわいい度=スケール感×実際の小ささ


スケール感ってのは、その動物がどれぐらい大きくなれるかという可能性ということですが、この公式に従うと、小さい動物がかわいいってのは意外と普通。本当にかわいい動物は、「本当は大きな動物が小さい時」ですよ。ライオンの子供とかヤバいっす。もっと言うと、スモールライトか何かで、大きな動物を小さくして飼えるなら、超絶に可愛いんではないのかな・・・。ミニブタとかいますけど、もう一声! 小さい象とかいたら絶対飼うわ。ピグミー象という体高1メートルぐらいの象がいるそうですが、絶滅状態だそうで・・・。子犬ぐらいの馬いないかなぁ・・・ユニコみたいなの。

逆に上の公式でかわいくない動物を求めると、「本当は小さな動物が大きい」時ということになりますが・・・10メートル大のチワワとか・・・。あんまり、飼いたくないですね。


という訳でボクは小さい動物を想いながら、せめてしましまクッキーを食べてガマンしたいと思いますです。え!? しましまクッキーもう売ってないの? じゃあ、たべっ子どうぶつでいいや。

それでは、また来週。

このページのトップへ