WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

浦山慎也

Vol.1/2015年1月14日

明けましておめでとうございます。浦山慎也です。
ここでは、連載の裏話や各話の見どころ、言い訳、あとまぁその週僕が思ったことなんかを書いていこうと思っています。
挫折しない程度にがんばりますので、よろしくお願いします。


さて、第一話ですが、これを描いたのは去年の8月ごろとずいぶん昔です。その時はスタッフさんもいなかったので全部一人で描きました。
雨を描くのが何しろ楽しかったです(あと濁流)。雰囲気も出るし画面も埋まるしで、雨最高。調子に乗ってカラーの見開きでも雨を降らせたんですが、降らせすぎて没になりました(あと顔が笑ってなかったとか他の要因もあるのですが)。今のヤツは雨を土砂降りから小雨に変えた2テイク目です。
まぁ連載一話目のカラーに土砂降りはない、ということはちょっと考えればわかると思うんですが…。

あと、僕的に重要な思い出は、原稿を描きながら引っ越しの作業もしていたのですが、作業中ぎっくり腰になって一週間入院したということ(!!)
なので、前半部分の背景とかは退院後、コルセットつけながら作画してます。
そんな状況に思いを馳せながら読むのも一興かと存じます。
5ページ目の警察署の背景を見ると涙が出ます、僕は。



…といったような、非常にどうでもいいような内容なので、別にまぁ読まなくても問題ありません。
本誌を読んでいただけることが何よりでございます。奇特な方は第二回の更新をお待ちくださいませ。
それでは、さよ~なら~。

このページのトップへ