WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

高橋留美子

Vol.2/2000年9月13日

 高橋留美子です。メールをくださった皆様方、ありがとうございます。楽しんで読ませてもらってます。
 先日、アニメ犬夜叉、第一回目のアフレコ見学に行って来ました。実はアフレコ見るの生まれて初めてだったので面白かったです。犬夜叉役の山口勝平さんは思ったとおり、ぴったりでした。アニメ化が決まった時から、犬夜叉は勝平さんで、と熱望していたので、とても嬉しいです。かごめの声は作品を描きながらも意外と想像つかなかったのですが、雪乃五月さんの声を聞いて、ああ、かごめは、こういう声なんだ、と納得でした。ご本人は可憐な感じのお嬢さんですが、芝居はとても元気です。桔梗は日高のり子さんです。アニメらんまでは、あかね役でお世話になりました。あかねと正反対の役柄ですが、日高さんの抑えた芝居も、また素敵でした。
 現場の雰囲気はとてもなごやかで、皆さん楽しそうで、いい感じでした。収録後、声優さん達と食事をご一緒させていただきましたが、普段テレビでしか聞けない声の人達と、ナマ声で世間話その他会話ができるとゆーのは役得ですね。ゴージャスな夜でした。
 読者の皆様、アニメ犬夜叉どうぞ見てください。10月16日スタートです。私もいち視聴者として楽しみにしております。

 10月といえば、ペナントレースは終盤ですね。ある意味もう終わってるようですが。ここ数年、もう負けられない○ャイ○ンツ、というフレーズはテレビで毎日聞く秋の季語みたいになってましたが今年は聞けなくて寂しかったです。我が阪神タイガースの最終順位はまだわかりませんが、とりあえず一首詠みます。

  露とおち
  露と消えにしAクラス
  浪花の春も夢のまた夢

もっとも、9月現在Aクラスは不可能じゃないので、阪神には、こんなフザケた歌を見返すべく頑張って欲しいものです。
 それでは、次の書き換えまでごきげんよう。読者の皆様方のご多幸お祈り申し上げます。メールも本当に楽しみに待ってますので、どうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップへ