WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

田口ケンジ

Vol.56/2013年11月6日

 今週の『姉ログ』は先週から引き続き、文化祭のお話。コスプレ喫茶をやったりオバケ屋敷をやったりと、普段とは違う衣装や雰囲気が新鮮で、描いてる方も楽しかったです。

 今週最大のハイライトと言えば、やはり靄子と香澄のコスプレ姿でしょうか(イラスト参照)。
 オタクキャラのブリサの提案により、靄子は『キララ☆キラ』のリョーコの、香澄は『マルルの工房』のマルル姫のコスをそれぞれ着用しています。

 鋭い人は元ネタもわかるでしょう……前者は只今アニメ放送中の『キルラキル』の纏流子を、後者はPS3/PSvitaのゲーム『メルルのアトリエ』のメルル姫をパロッ…オマージュしたものになっています。リョーココスに関しては、『天元突破グレンラガン』のヨーコ成分も3割くらい入ってますね。
 トリガーさんにガストさん、勝手にパロっ…オマージュしてごめんなさい。でも大ファンです(なにそのアピール)。

 さらにディープな人なら、このコスがドラマCDの声優さんの配役に沿ったものだということも理解できるでしょう。流子とメルルはそれぞれ、2巻特別版のドラマCDで靄子と香澄を演じて頂いた、小清水亜美さんと明坂聡美さんのキャラクターですからね。
 『キルラキル』は1話辺りもう10回以上見ているほど超絶ハマっている作品なので、小清水さんの代表作は数多いですがオマージュ元は即決でした。一瞬、鮮血を纏った変身後の流子や『ストライクウィッチーズ』のシャーリーも脳裏をよぎりましたが「露出が凄すぎる!」ということで泣く泣く自重…。
 明坂さんは今放送している『てさぐれ!部活もの』か『COPPELION』にしようかとも思いましたが、両方とも制服ゆえにコスプレ感が薄かった(それに後者は講談社系)ので、個人的に大好きな『アトリエ』をオマージュ元にしました。11/21には最新作『新・ロロナのアトリエ』も出ますしね!(宣伝)

 ふう……いつになく熱っぽく、長々と書き連ねてしまいました。
 まあそんなコス事情も含めて、冒頭で語ったように楽しく描けた文化祭・中編でした。来週の後編もお楽しみに〜^^

このページのトップへ