WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

椎名高志

Vol.14/2007年1月17日

 ずいぶん前から3DCGには興味を持ってるものの、全然ソフトを使いこなせません。できるようになるには延々パソコンの前に座り込んでいじりたおす必要があるし、いったん手を出すと二日や三日は没頭して簡単に消えます。今現在、仕事以外の貴重な時間はカロリー消費も家族サービスもせずに椅子に座ってつぶすわけにはいかんのです。

さて、今年「めぞん一刻」がドラマ化されるそうですが、かなり原作に忠実な一刻館のセットが撮影所に作られていて、高橋留美子先生が先日見学に行かれたと聞きました。いいなあ、ワタシも連れてってもらいたいなあ。撮影が終わったあとも解体せずにどっかに常設展示して欲しい。そーいや地球博の「サツキとメイの家」も行きたかった。映画「トキワ荘の青春」のセットも、本物見たかったなあ。以前「ウルトラマンネクサス」の撮影所にお邪魔して秘密基地セットに入れてもらったことがあるんですが、作品で親しんだ場所に実際にいるというのは感激でした。オタクにとって至福のひとときですね。

で、3DCGならその辺を手軽に味わえたりしないかなとずーっと思ってたんですが… そうそう手軽ってわけでもないんですね、これが。いつか自分の作品の舞台なんかを作って「バーチャル椎名高志博物館」として公開するのが夢です。いやまあ、大ヒットをガンガン出せば他人が作ってくれるかもしれないから、そっちを夢にするべきなんでしょうけど(笑)。

このページのトップへ