WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

大高 忍

Vol.307/2016年6月1日

画像はアシスタントさんたちへの書き置きです。
文章だけでの指示は冷たい印象になるかなと思い、場を和ませようとして描き足したのが、左下の微妙な軟体生物になります。
「かわいいマスコットキャラ」のこれが私の限界です。

今週のマギもよろしくお願いします!
先週号ではアラジンたちの様子が描写されました。
鬼倭国の健彦王とその部下は、当初はもう少し早くコメディーのようなシチュエーションで初登場させる予定だった人たちでした。しかし煌帝国編はコメディーをやる余裕が予想以上になくなってしまい(主に白龍とアリババのせい)、今になっての立ち回りになります。
今後にご期待下さい。

このページのトップへ