WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

大高 忍

Vol.111/2011年10月19日

長かった「シンドリア編」も残す所あと数回となりました。
最後の一波乱をどうぞ見届けて下さい。
今週号はシンドバッドの活躍回です。
登場頻度は高いシンドバッドですが、まともに暴れるのは今号が初めてかもしれません。

それと、昨日(18日)にマギ単行本10巻が発売となりました。
皆さんお手に取って頂けたでしょうか。
本編から折り返しや巻末に至るまで、白龍のめんどくささが前面に押し出された巻になっております。
特典ペーパーのアドリブが壊滅的な白龍が個人的に気に入っています。

余談ですが、作者である私の中で白龍とアリババがかなり似たカテゴリに分類されているらしく、よく作画中に混同してしまうほど(白龍にアリババのピアスを間違って描いたりする)なのですが、二人の違うところといえばアドリブの得手不得手だと思います。

このページのトップへ