WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

西森博之

Vol.13/2009年8月5日

こんにちはー!
どうでしたか…てか、いろいろコメント頂いてます。
あれー、またやっちゃいましたか!
すみません、打ち切りじゃないですよ。
だめですね、毎回こんなこと書いてちゃ。

これは、この作品の終わり方について
「えー!」っと思ってる人にだけ
読んで欲しいんですけど、
本当、編集の人には止められたくらいなんで、
「アターック!」とか勘弁してくださいね。

うーん、実は、突然終わったと感じるのは
僕に騙されたからなんですよ。
卒業で終わりと決めていたんです。
俺、騙したんです、騙そうと思ってたんです!
部長とうまくいかなかった、悲しいねー、
もうだめなんだ、でも話はズンズン進んで行く!
ってのが欲しかったんです。
その為にはまだまだ続く…って感じが必要だったんで、
新キャラとかちゃんと作りました。
部長とはだめだった…と思わせておいて「実はーっ!」てな。
だからお茶にごす、だったんですね(笑)!
笑えないですか?

しかし作品の説明とかさいてーですね、
情けなく思っております。
失礼しました。

ご愛読、感謝します。

このページのトップへ