WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

満田拓也

Vol.9/2009年5月20日

この前ブルースウィリス主演の「16ブロック」ってDVD
(正確にはブルーレイディスクですが)
を借りてきて観まして
NY市警のさえないアル中刑事のウィリスが
16ブロック先の裁判所まで証人として出廷する囚人を
護送する任務を任せられるも、不正を働いてた同僚の
悪徳警官らに口封じのために証人もろとも命を狙われる、
というなかなかスリリングでおもしろい映画だったんですが

映画のソフトにはオマケの特典映像ってのがよく入ってますよね。
そこに「もうひとつのエンディング」ってのがあったわけですよ。
まあそれ自体は珍しいことでもないし微妙に違うエンディングは
どんなんだろなと思ってすぐに観てみたんですが

微妙というよりそっちはまるでバッドエンドな結末だったんです。

映画のネタバレになるので詳しく語れないんですが
生きるも死ぬも制作者の思いのままで
AとB両パターン撮ってみましたみたいな(笑

さっき観たいいほうのエンディングの余韻を返してくれと
なんというか、ああ、あくまでこれは作り物の映画なんだなと
わざわざ認識させられ感が
押し寄せてきてちょっぴし興ざめしてしまったんですよね(笑
いや、あくまで決定稿はひとつで結局そっちを選んだ
この映画のラストは正しかったと思うし
わざわざDVDのオマケ映像のBパターンを観て
文句言うほうが悪いんですが
没になったほうはあまり観せるもんじゃないですね

漫画のネームしかり


そういえば僕自身、前作のエンディングで
物議をかもした経験もありますから
やはり物語の終わり方は慎重の上にも慎重を期すべし
ということで・・・・(笑

このページのトップへ