WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

満田拓也

Vol.7/2006年3月29日

WBC、野球日本代表が世界一になっちゃいましたねえ、おめでとうございます!
2年ほど前から耳にしてたプロ参加の野球世界一を決める大会が、意外に早く実現に漕ぎ着け、その記念すべき第一回大会で、まさかこんなに早く日本が頂点に立つとは思ってもいなかったので、ほんとにまだ夢のようです。

カープファンの自分としては、黒田投手の150km/hや新井さんの一発なども見てみたかったのですが、もはやヒイキ球団の垣根を越えて日本中の野球ファン、いやスポーツファンが日本代表を応援してた中、最高の結果を勝ち取ってくれた王ジャパンに本当に拍手です。

イチロー選手はもちろんですが、個人的には西岡、川崎選手のプレーや姿勢に魅了されました。ミスもありましたがそれも含め、若い伸び盛りのプレーヤーは見てて楽しいですね。

開催時期や審判問題、組み合わせ&勝ち抜け方法など、ルール的にはいろいろと課題を残したWBCですが、概ね成功だったようで3年後が待ち遠しいです(来年でもいいくらい(笑))。3年後はぜひあの選手にも出てもらえたらうれしいです。

ちなみにまんが『MAJOR』はあくまでフィクションなので、この結果については正直あまり気にしていません(笑)。アメリカにもうちょっとがんばってもらいたかったのは事実ですが… でもそのアメリカを破って日本に助け船を出してくれたメキシコさんには、ほんと感謝ですね。

とにかく想定の範囲外のことがてんこ盛りで面白すぎるWBCでした。

このページのトップへ