WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

磯見仁月

Vol.3/2014年1月8日

あけましておめでとうございます!!!
海老餅大好き、仁月です。

昨年は思いもかけず、本誌にて初連載をいただき、かつ、たくさんの人に応援いただきありがとうございました。
今年も精一杯頑張りますので、どうかクロノ・モノクローム、応援宜しくお願いします。
春までには単行本第1巻がでるんじゃないかな??
初の単行本、少しでも楽しんでいただけるよう、心を込めて作りますので、発行した暁にはどうぞ、お手に取っていただけるとありがたいです。


さて、サンデー6号も発売し、クロノ・モノクロームも第4話。
今週はタークのお話です!!
当時の記録の絵に、実際のタークの様子が載っていますが、思い切ってデザインを大幅に変えました。
実際のタークとは中身の様子もだいぶ違います。
でも基本構造や仕組みは、実際のものに割と忠実に作ってあるので、その辺の誤差も楽しんでいただけたらと思います。

しかし驚くべきは電気もない18世紀に、これだけのものを作ったケンペレンの頭脳と発想ですね。
電気がないということは、そもそも部品を作る工場用ロボットもないし、PCも3Dによる製図工程もない。
定規一つにしても職人さんたちがひとつひとつハンドメイドで作ってた時代に、頭脳部分はインチキとはいえ、それを実行できる構成を構築したというのは、当時のオートマタ技術が現代でも誇れる域にあったことを証明しています。
他にも優秀なオートマタがたくさんあるんだよ!!
作中でそのうちやってみたいけど、出せるかなぁ…。
オートマタに限らず、18世紀は文化が非常に魅力的な時代。
皆にも見てもらいたいので、隙あらばチェス以外にも、作中に盛り込んでいきたいです。
もりもり描くよ!!

ブログもちょくちょく更新しています。
そのうち3〜4話のうんちくとかもあげたいですね。
ツイッターもしょうもないことですが、たまに投下してるので、よろしければご覧くださいませ。

次回はなんと、センターカラー、増ページ!!!
ありがたいですね!
もっといただけるよう、頑張ります!!
では皆様、お風邪など召しませぬよう、元気にお仕事、学業に出れますようご自愛ください。
今年が、仁月にとっても皆様にとっても、良い年になりますように!!
本年もよろしくお願いします!!!

このページのトップへ