WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

ひらかわ あや

Vol.94/2012年11月28日

どうもひらかわです。
今週もよろしくお願いします。

今週はいよいよ演目回です。
歌舞伎の演目は、その時あった事件とかを題材にしてるので
どうしてもラストがバッドエンドのものが多いのです。

今回の『染模様〜』も、前半は友右衛門(バンデラス)→数馬(出雲)へのラァブ、恋文渡したり部屋行っちゃったりするのですが、後半は(少しグロ注意)、友右衛門が主君の家宝を火事から守るために、自分のおなかを切って内臓取り出し、空っぽのおなかの中に家宝を入れて死んでしまうのです。
出雲では描いてませんが、この演目の通称は『細川の血達磨』といいます(タイトルからして怖い…)
今回のはそういうお話です。

上の通称を描いてないからこそ、出雲ではなるべくラストはいい方向に持って行けたらいいな〜と思います。
いまだに顔が黒い井神さんも吠えまくってるので、その辺も楽しんでもらえたらと思います。

それでは今週はこの辺で…
ひらかわでした。

このページのトップへ