少年サンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.251/2009年9月2日

【第239話/不器用だから】

夏が終わりましたね。
どうもこんばんは。畑でございます。

さすがにちょっと色々重なり過ぎていて
毎週キツイわけですが、近い内に気合を入れ直して
このWEBも面白くなるようにしようと思います。

……なのでしばらくWEBの方は
こんな感じでご勘弁を……
スミマセン……

あ、スタッフ随時募集中です。
特にパソコンに強い方はかなり優遇されると思うので
ドシドシ応募してきてください。
待ってますね。


■応募要項■
アシスタントを希望される方は
履歴書と、建物・自然物の背景作品
(コピー可・可能であればCGのカラーカット)を
以下のあて先までお送りください。

〒101-8001 東京都千代田区一ツ橋2−3−1
小学館・少年サンデー編集部「ハヤテアシスタント」係

*都内に勤務できる方に限らせて頂きます。
 応募書類は返却致しませんのでご了承ください。



それでは今週の話です。



【第239話の話】

アテネ編・第二章ラスト。

実はこの旅行編を始めるにあたり
一番悩んだ部分です。

さすがにヒナギクが可哀そうかなーと思って
どうにか回避する案も考えようとしたのですが
なんというか展開上、やはり回避不能のイベントというか
なんというか……

今週の話に限って言えば
やること(全体のセリフとか最後の見開きとか)は
決まっていたのですが
そこに行きつくまでのネームでは相当悩みました。

漫画というのは同じセリフや流れでも
描き方で大分印象が変わるので
最初はもっとコメディーテイストというか
あまり重くなり過ぎないように
ライト感覚でまとめてみようかと思ったりもしたのですが
ネームに起こしてみるとどうも違う。

やはりここは直球シリアスに攻めるべきだろうと判断し
かなり真面目なテイストに落とし込んでみました。

さてさて、この後……ていうかこの旅行が終わる頃
ヒナギクとハヤテの関係はどうなっているのか?
色々注目しておいて下さいね☆

まだまだ富士山で言うと……○合目だから……


そして次週から第三章。

またちょっとテイストの違う感じで
長い夜は……続く……


それではまた来週〜☆

このページのトップ