WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.246/2009年7月29日

【第234話/それが引き金だったという】

とりあえずひとしきり自慢話がしたいので
まずは今週のハヤ☆ラジ!!第6回配信分を聞くんだ!

http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_185.php


ありがとう!カケルのごとくさん!

この同じ空の下
あなたのような方が一人でもいると知ったなら
僕はもっと頑張れます!!
出来れば末長く応援して下さい!

そんなわけでどうも畑です。

今週はこの後、8月にガガガ文庫から出る
ハヤテのアンソロジーの表紙を描く予定。
いやぁ、このアンソロジーは作者的には中々面白いですよ。

特に僕が天才だと思っている漫画家さんの
氷川へきる先生に数ページ描いて頂き
読ませてもらったのですがとても面白かったです!!

かつて氷川先生の出していた同人誌
スパイシー大作戦の新しいのを買うためだけにコミケに行ってた
時期もあったので感無量な感じです!
本当にどうもありがとうございました!

てなわけで8月に本屋さんで見かけたら
是非、手に取って見て下さいね☆
まぁ、どんな表紙になっているかは分かりませんが……。

てなわけで今週の話です。



【第234話の話】

失意のハヤテとアテネの過去。

僕のエクセルの表が間違っていないなら
アテネはちょうどマリアが卒業したのと入れ替わりで入学し
ヒナギクたちが入学する直前で卒業している計算になるはず。
まぁ、とはいえ在学中もほとんど学校に顔は出していなかったと
思われます。制服も……着たことないだろうなぁ……。
みんなと一緒に教室にいたことすらなかったのではないかと……。

理事長になってからも、たまにしか顔を出していないので
大半の生徒とは接触すらなかったでしょう。
ただ、あのルックスなので、それでもやたらと目立つというのは
あったでしょうが……。

その内、彼女の十年に何があったかとか
王族の庭城にいた理由もお話しする日が来るでしょう。
悩みどころとしては、お察しの通り
超ヘビー級に重たい話になるのでどうしたもんかと……。

まぁとりあえず旅行は続くという事で……。

また来週〜☆

このページのトップへ