WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.242/2009年7月1日

【第230話/人はそれを出オチという】

気が付いたら劇場で泣いてたよ。
あ、どうもこんばんわ。畑でございます。

いかんね。
歳をとると涙腺がゆるくなって。
続きはまた二年後なのかな?
でも僕は待つよカヲルくん……。

まぁ、そんなこんなで時間は完全にない感じ。
でも後悔はしていない。
この夏あと三回は行きます!

しかぁし!!
今週はそれだけでなく凄い事があったのですよ!!

これに関してはまだ言えないので残念ですが
もー、ほんと……。

おっとこのまま書き続けていると
ポロッとネタバレしそうな感じになるので
早速、今週のネタバレに行きたいと思います。



【第230話の話】

今週はふざけているようで全然ふざけてないというお話。
今週は本当に描くのに凄い苦労しました……。

ていうか二泊三日で行ったよ!草津!!
スタッフが!

……ボクモイキタカッタ……

今回の話を読んで
わー、本当に手を抜いたんだー、と思われたなら
それはとっても辛いのです。

なぜなら……
まぁ、分かってもらっているとは思いますが
イタリアだったらたった一話だし
資料も集めやすいし、実際いっぱい集めていたから
いくらでも背景は誤魔化せたのです。

が!今回のこのネタは
やるとなったら誤魔化しではなくキチンと取材に行って、
ちゃんと写真を撮ってこなくてはならなくなる。

なので直前まで
どうしようかな〜。時間もないしな〜……
とやるべきかどうか悩んだのですが、
やはりせっかく思いついた面白そうな事を
黙って見過ごすことは漫画家としてのポリシーに反するという事でチャレンジしてみました。
いかがだったでしょうか?

今回のこのイタリア編の
背景と人物が全く噛み合わないという案自体は
一年以上前から温めていたものです。

なんというか面白いか面白くないは二の次で
漫画表現としてやってみたいという衝動を抑えられなかった感じです。
漫画表現って自由だな〜という事の再認識というか
本当はこれを三週くらいやりたかったのですが
さすがにそれは読者が怒ると思い、
なんとか一週でまとめてみました。
まぁ、感想などがありましたらお聞かせ下さい。

ちなみに今週のラストで
雪路が城について色々言ってますが
あれは王族の庭城の事ではなく単なる比喩表現。
ぶっちゃけカバーアルバムにも収録させていただいた
『マハラジャになりたい!』からのインスパイアです。
「黄金の城」というのはこの漫画を象徴する言葉の一つだと思っているので。

さてさて、そんなこんなで色々な事が一通り終わった感じです。
来週からいよいよこの漫画史上一番大変なシリーズに突入。

来週からの展開を
久しぶりに分かりやすいたとえで言うならば
オープニングの曲が
アタラクシアからhollowに変わる感じ。
うん、分からない人は聞き流しとくのだ。

というわけで
十年の時を超えた物語の始まりと言う事で……。

また来週〜☆

このページのトップへ