WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.235/2009年5月13日

【第223話/愛の戦士】

ゴールデン・ウイークに若木先生が遊びに来てくれましたよ。
あ、どうも畑です。
気が付くとゴールデン・ウイークが終わっているという事実に
軽く絶望したりもするのですが
若木先生が遊びに来てくれたので
なかなか良いゴールデン・ウイークでした。
相変わらず持って来ていただいたケーキが
超☆美味かったですし。

上の写真はその記念。
話に熱中し過ぎて喉が痛い……。
漫画の話ばかり、一体何時間したのだろう……。
やっぱ盛り上がるよな〜。

まぁ話の細かい内容に関しては、
このWEBサンデーという場所ではなかなか
書きづらい話だったりもするので内緒にしておきますが
話の内容がもし『アメリカ新政権に対する要望』とかなら
どんだけ白熱した話をしてもあまり意味はない気がするのです。
しかし漫画の話、特にサンデー本誌に関する話なら
それは結構意義のある話なのではないかと思うのです。

若木さんも僕も週刊少年サンデーという雑誌が好きです。
愛しているといってもいい。

小学生の頃、
僕が初めて定期的に買いだした週刊少年誌は
ジャ○○ではなく週刊少年サンデーでした。
その頃からずっと、
僕にとって一番の雑誌は週刊少年サンデー。
だからサンデー本誌に対する思い入れは
多分、相当強いと思う。

だからもっと雑誌を盛り上げる方法を考えて
色々やっていこうかなぁと思います。


で!そんな中、サンデーの名を持つ新しい雑誌が
昨日誕生したわけです。
その名は『ゲッサン』月刊少年サンデー。
毎月12日発売の月刊誌の少年サンデーです。

で、そのゲッサンで
ウチの元アシさんが第2号目(7月号)から連載を開始します!!
彼の名は『高田康太郎』
ハヤテの連載は伊澄が出てきた頃から
ずーっと手伝ってくれていました。

そして漫画のタイトルは『ハレルヤオーバードライブ!』
今発売のゲッサンの別冊付録に第0話が掲載されていますが
なんと一話目が載る次号は表紙&巻頭カラー!!!
凄い!凄いぞ高田君!文句なしの大型新人だ!!!

まー、とりあえず今発売のゲッサンのその特別付録に収録されている第0話を読んでくださいな。
絵も上手いし、面白いから!!

高田君はとにかく音楽が好きで
大学時代はバンドマンで
仕事場ではよく誰も知らないバンドの
超カッコイイロックを聞かせてくれました。

どれくらい誰も知らないロックかというと

「ねぇねぇ高田君。この○○って人の曲カッコいいけど
CDはどれくらい売れているの?」
「多分3000枚くらいじゃないですか?」
「え?(汗)」
「きっと知ってる人もそれくらいだと思いますよ」
「あ……ふーん……そ、そうなんだ」
ロックにはよくあることらしいです。

ちなみに雪路のキャラソンのギターを選び、
描いてくれたのも彼です。
ギターを愛していなければ描けない絵です。

初めて会った時からずっと
音楽漫画がやりたいと言っていた高田君。
そんな彼が長年に渡りずーっと温めていた音楽漫画。
とりあえず0話を読んでワクワクしながらお待ちください!

ちなみに彼は『MerryMerry WEB SITE』というホームページもあ
るので気になる方は是非そちらもご覧ください。
『高田康太郎』で検索すればトップに表示されるはず。
そして応援のメッセージを送ってあげよう!

いや〜それにしても後藤くんに続いて二人目かー。
夢が広がるねー。

あ、後藤くんの漫画もよろしく。
クラブサンデーに早くも
『銀塩少年』の二話目が載っていますよー!!

http://club.shogakukan.co.jp/

それでは今週の話です。


P.S.
そういえばアテネの声が聞けるという事で
先日、久しぶりにアフレコに行ったのですよ

アテネの声優さんはぶっちゃけアテネ(成体)をメインに
考えて選ばせていただいたので、
幼いアテネはどう演じてもらえるか少し不安だったりもしたのですが、そんな僕の心配は全くの取り越し苦労でした。

バッチリイメージ通り!いや、それ以上!
第十話の放送をお楽しみに!


【第223話の話】

あ、オチ(?)が入らなかった……。
いや、まぁギャグ漫画としてのオチは着いているけど……。
てことで続きは次号!

それにしても水着を描くのは難しい……。


今週は長くなってきたのでこの辺で

それではまた来週〜☆

スミマセン。来週からちゃんと四コマ描きます……。

このページのトップへ