WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.230/2009年4月8日

【第219話/伝えたい、伝わらない】

今週は完全に上のナギみたいな感じなので
色々ご勘弁ください……。

花見どころか正月すら休まず描き続けているわけなのですが
正直、締切がギリギリをもぉ超えてしまいそうで……。
スミマセン……。

そういえばアニメの放送が始まっていると思いますが
ご覧になっていただけたでしょうか?

(公式サイトURL)

http://hayatenogotoku.com/
放送日などが地方によってバラバラなので
公式サイトの一番右上の『放送局情報はこちら』
という部分をクリックしてもらうと
放送局や時間が確認できるので
是非、そちらで確認してみて下さいね☆
地上波では観れないと思っていても
BSデジタルとかで意外と観れたりするので。

観終わったら感想などを是非是非お聞かせ下さいね☆

そして、出来れば毎週観て下さいね!!!!!
よろしくお願いしまーす。

さてさて、そんな中
皆様『クラブサンデー』というのをご存じでしょうか?
サンデーが始めたWEBで読める漫画雑誌?の事ですが
そちらに今月の10日から

『銀塩少年/ゼラチンボーイ』後藤隼平(ごとうじゅんぺい)

という漫画の連載が始まります!

後藤くんは元々、ウチでアシスタントを
長年やってくれていた方で
このたび、めでたく連載となったわけです。

わー、パチパチパチー!おめでとー!

銀塩少年はカメラの漫画なのですが
基本的に僕のカメラ知識は
すべて彼からの受け売りです(笑)

彼がいつも仕事場で
カメラというものがどれくらい素晴らしい機械なのかを
熱弁していたおかげで
僕もカメラに興味を持ちはじめ
LOMO−LCAとかを使い始めたわけです。

なので彼は滅茶苦茶カメラに詳しくてですね
わけのわからないマニアックなアンティークなカメラを
いつも爽やかに持ち歩いておりました。

なぜ爽やかに持ち歩いていたのかというと
彼がもの凄い爽やかなイケメンだからです。
マニアックなのに。

そんな
マニアックにして爽やかイケメンな後藤隼平先生による
圧倒的カメラ知識に裏打ちされた爽やか青春ストーリー
『銀塩少年/ゼラチンボーイ』
どうぞよろしく!
具体的に!アンケート的な意味で!

http://clubsunday.jp/
ではではこんしゅうのはなしです……。


【第219話の話】

最近、自分の絵を大幅に色々いじっているので
描き慣れていない分、原稿に時間がかかります……。

そして、人気投票の続きをやりつつの
ミコノス編・第三章『ヌーディスト・ビーチ編』突入
アテネとマキナもようやくちゃんと顔見せが出来た感じ。
まぁ、アテネはこの漫画のシリアスな部分を現在
ほとんど一人で背負っているので
笑いはあまり起こりませんが、こちらはこちらでお楽しみに。
ハヤテとの再会の時は……。

なんにしても
マリアも皆さんも
すっかりお忘れの遺産相続の話が出てきたわけですが、
これがどこに向かって行くのかはお楽しみにしておいて下さい。
ほとんどこの時のための遺産相続話なので。

一応、この一連のゴールデンウィークの話が
懐かしい言い方で言うと『暫定最終回』という予定で
組んでいた話なので。
あ、一応ご存じない方もいるかと思うので言っておくと
この漫画はいつ打ち切られても大丈夫なように
連載前に最終回に出来そうなポイントを最初から5つ決めてある
のですよ。

しかし、ここまで来るのに……四年半……か……。

まだしばらく終わりませんが……。

そして、ヒナギクの告白話。
果たしてヒナギクの気持ちは
どこに行きつくのか?!(知ってるけど)
とりあえずその辺もお楽しみに。

それではまた来週〜☆

このページのトップへ