WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.159/2007年11月28日

【第154話/温泉と同じくらい大好き】


こんばんわ、健康を科学する畑でございます。


えーと……椎名先生、コメントありがとうございますというか
スミマセン……(笑)
色々ご心配をおかけしました。

あ、コラボに関しては、もう大歓迎というか、大喜びですので
頑張って実現させたいです☆
同じ雑誌の中なら、たぶん某エンドカードみたいに
大人の事情で怒られたり遮られたりしないと思いますので(笑)

で、そんなこんなな今週ですが、
今週は少しアニメについて触れておこうかと。

というのはアニメの方で原作より先に姫神が出てくる件について
ちょっと質問もありましたので。

えーと、ぶっちゃけた話で言うとアニメに出てくる姫神は
漫画の方の姫神と苗字は同じでも違う人になります。
ていうかそもそも下の名前が違います。

一応姫神がどういう人なのかアニメのスタッフさんには伝えてありますが、原作に出ていないキャラのキャラクター性を掴むことは不可能だと思いますので原作の設定を知った上で、あえて違う設定にしてある感じです。

なので原作を読みつつアニメを観ている人には
いい感じにそれがミスリードになって、
漫画に姫神が登場した時に驚いてもらえると思いますし
原作しか読んでいない人には普通に驚いてもらえると思います。

まぁそんな感じですのでアニメも漫画も両方お楽しみにしててください☆
一応アニメの方は龍騎よろしく
第39話で『最終回先行放送!』となる予定らしいので
アニメスタッフによる暫定最終回をお楽しみに!
ていうか僕も楽しみにしています!!


それとアニメ絡みでもう一個思い出したことが。
いや、今週配信のハヤテのWEBラジオを聞いてて
スッカリ言うのを忘れていた
『ハヤテのごとく!2008カレンダー』のもう一つの事なんですが
前に紹介した普通のサイズのカレンダーの他に
強力に頭の悪い(褒め言葉)『ハヤテのごとく! Lサイズカレンダー』
というのがあるのです。

Lサイズといっても
ピンと来ないかと思いますが、これは何かというと
タテ180cm×ヨコ120cmというサイズで、六人のキャラが等身大で描かれている鬼のようにデカイカレンダーなのです!

こっそり張るとかそんなレベルじゃない。
一般家庭にはもはやこれを張るスペースは皆無といっていいはず!
これを貼るためにはとりあえず手頃な屋敷の購入が不可欠という素晴らしさ。

アニメイトさん限定ということらしいので見れそうな方は
せっかく作っていただいたので
是非一度、見るだけでも見てください!

そして張るスペースか勇気のある方は
是非買って、張ってみてくださいね☆
よろしくお願いします!



それでは今週の話ですが……




−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−

最初に確認しておくなら
このバックステージの文章というのは
大部分の読者にとって、その存在すら知らない文章だと思います。
そして、更に言うなら
ほとんどの場合、読む必要すらない文章だとも思っています。

ですが、そういう必要ではない文章だからこそ
あえてわざわざ時間を割いて読んでくださっている方々に向けて
出来るだけ真摯な本音を書こうと思っています。

ですから本当のことを言いますが
実を言えば最近、自分の漫画について凄く悩んでいました。

何について悩んでいたのかは、
それは漫画家に限らず何か一つの道を進んでいる人なら
誰にでもあることだと思いますが
自分に対する漠然とした絶望感のようなものに、さいなまれていたのです。


前に進めば進むほどわかる。
自分が目指していたものの
あまりの遠さ、高さに途方にくれる感覚。

それでもなんか勇気を振り絞って前に進もうと
よじ登ろうとする。

しかしその結果、思い知る。
自分の無力、非力、そして結局、再び訪れる
漠然とした絶望。

最近はずっとその繰り返しでした。

連載は三年目を超えました。
胸の奥に、ここまで来たという充足感はあります。
自分は全力を出し、
それなりに結果を出したと、言うことも出来ます。

しかし、ここまで来たというその充足感は、少し嘘だと
心の奥では気付いています。

ここまで来るのに、
あまりにもたくさんの時間と労力を犠牲にしたから、
遠くまで来たと思いたいだけ。

実を言えば、三年経ったのに……全力を出したのに
ここまでしかこれなかったという自分に対する失望にも似た想いのほうが強いのです。

だから意味もなく涙が出る。
これ以上、どうしていいかが分からないから。
全力を出して辿りつけないのに、
これ以上どうやって進めばいいのかなど分かるはずもないから。

しかし、泣いていても始まらないことも分かっているのです。
それでも前に進まなくてはいけないということも。

だから、自分の漫画というものを、
もう一度深く見つめ直そうと思いました。
もっと大きな漫画家になるために
今よりもっと自分を鍛えなおそうと心に決めました。
改良しなくては。
前に進む方法を。その歩き方を。

そして、それは少しづつ具体的なものとなり
そのありったけの想いや願いを込めて描いたのが今週の……
サウナでパンチラな話です。


うぉい!!凄い決意の割りに内容はこれかよ!
70行近い真面目な文章の結論がそれ?!
ていうかだからここ親とか親戚も読んでいるんだから
パンチラとか書くなって!ていうか読むなって!

という読者の声が聞こえてきそうですが(一部は僕の声ですが)
これが本当なのだからしょうがないというかなんというか……。

温泉と同じくらい大好きなサウナで
頭が茹だっている……わけではないと思います。

なんにしてもこれからに期待しておいてください。

それではまた来週〜☆

このページのトップへ