WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.128/2007年4月25日

【第125話/優しさはトゲのように】


世間的にはそろそろゴールデンウィークのようですが
漫画家的には余りゴールデンではないウィークの今日この頃
いかがお過ごしでしょうか?どうも畑です。

あと二週間。
ベジータなら『これからがほんとうの地獄だ……』と言いかねない僕のスケジュール。

具体的には二週間で連載2話分+サンデーの表紙+巻頭カラーの増ページ+小説&ムックの仕事を描き上げなくてはならない感じです。

とりあえずここを乗り切れば皆様に予定通りの期日に小説とムックをご覧いただける手筈となっています。

なのでニートのみんな!
オラに少しだけ元気を分けてくれ!
らき☆すたのダンスの練習している暇があるなら!
夜一人で踊っていて、ふと窓に映る自分の姿を見ると壮絶に死にたくなるから練習はほどほどにしろな!

いい感じに壊れてきたくらいが
仕事は楽しくやれると言うものです。

ですが今週は合併号なので来週の本編は休みです。サンデー出てないし。
ここでガッカリしてくれたほうが作者的には嬉しいんですけどガッカリしてくれたかな?
ああ、そう。じゃあ読まないよ、二度と。と言われると死にたくなります。死にませんけど。

さぁ!とりあえずガッカリした事を前提に話を進めると、そんな君のため、今まで言いそびれていた極秘情報をお知らせするぞ!

そんな時はネットラジオ
『ハヤテのごとく! Radio the combat butler』
を聞けばいいじゃないかー!!!……じゃないかー!(エコー)

今さら何を……という人は口にチャック。
今はじめて知ったような素振りで口笛吹いて空き地にでも行くと良いと思います。

で、知らない人のために説明しておくと、
これはハヤテ役の白石涼子さんとナギ役の釘宮理恵さんでお送りしているネットで聞けるラジオのことだ!

えーっ、ウッソー!どこで聞けるのーというはい!そこのあなた!
人に聞く前にグーグルで調べろぉぉぉぉ!
……というのは冗談で
『インターネットラジオステーション音泉』というサイトで聞けます。

具体的にはここです。

http://www.onsen.ag/

ここのハヤテの項目で聞くことが可能。毎週金曜日に更新されて
いて、かなり爆笑な内容なので是非聞くといいんじゃないかな?
そしてメールとかもたくさん送ると良いんじゃないかな?

第一回目から悩み相談がスタッフの浮気相談という
「おいおい、少年漫画のアニメのラジオでいきなりどんだけ
ディープな悩み相談してんだよぉぉ! そういうのは
声優さんじゃなくて弁護士に相談しに行けってぇぇ!」
という大爆笑な内容でかなり素敵な感じでした。

とりあえずみんなもメールとかドシドシ送ってくださいね。
いや、ここじゃなくて向こうに。いや、コッチでも良いですけど。

さて、そんな感じで今週の話でもしてみましょうかね?




−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−

一話完結をしばらくやるんじゃなかったのかよぉぉぉぉぉぉぉ!!!

大人は嘘つきだぁぁぁぁぁ!!!!

その通りだぁぁぁぁぁ!!!

てことでスミマセン。
今週から当初の予定ではスルーする予定だったホワイトデーの話となります。
いやぁ、下田の時に散々ホワイトデーと言ったからもういいかなぁと思っててやらないでおこうかと思っていたのですが、やっぱり思い直してやることに決めました。

そして、そんな感じではありますが物語的には第三部となりましたので、この作品の物語と世界観はまた少しつづ拡大を始めていくわけです。

具体的には今まで設定上はいたれど出していなかったキャラや、名前や存在だけは確認されているキャラ。そして新たなる大きな移動場所が追加されます。

今回で言えばヒナギクの横の二人。
白皇学院・生徒会・副会長と書記の二人です。
ちなみに眼鏡の人が書記で春風千桜(はるかぜちはる)
上の絵の人ですね。

もう一人が副会長の霞愛歌(かすみあいか)
二人とも、泉たちのような下っ端生徒会員ではなく生徒会長を中心とした生徒会・執行部という立場の人なのです。
まぁ、そのうちハヤテと出会うこともあるでしょう。

で、まぁ先ほどもいいましたが、当初の予定ではホワイトデーの話はスルーしようかと思っていました。
しかし、今週の冒頭部分の西沢さんとハヤテのシーンがずっと頭にありまして、どうしようかと悩んでいました。
一番初めの
『人はそう簡単に学ぶ事も悟る事も出来ない生き物である』
というのは、この漫画のテーマの一つでもあります。

で、とりあえず描くかどうかは別にして、とりあえずネームに起こしてみようと思ったわけです。
あくまで使うかどうかは別として。

そこから第三部に必要な生徒会の二人とヒナギクのパートを思い付くままに描いてみて、ページ数を確認すると12ページ。
マリアのシーンとかを足すと……
あれ?一話で終わるはずだったのにどう考えても終わらないぞこれ?

うーん……。

あー、やっぱアレだ。これはなしだ。
だって一話で終われないもん。
一話完結の話をしばらくやるっていったのにこれはやれないわ。
大人は嘘つきじゃないって事を少年少女に示すのが少年漫画家の務めだから。
このネームは没だわー。

しかし時間を見ると締切ギリギリ。
新しいネームを描いている時間は全くなし。

…………。

あー、これはアレだ。ほら、アレっていったらアレだよ。
逆境ナインで言ってたあの名台詞
『それはそれ、これはこれ』って奴だよ。
いやー、やっぱ人間っていうのは割り切ることが大事なんだよな。
そういう社会で生きていくために必要な知恵を少年少女に示すのが少年漫画家の務めだからな。


世間ではそれを詭弁というらしいですが、僕の辞書には載ってなかったです。
ほ、本当だよー!載ってないって!
ばっ!と、取るな!取るなよーぉ!返せー、返せよぉー……。


てことでスミマセンが続きます。
続きは再来週ですが、意外と綺麗な結末になっていると思うのでご期待ください!

それでは、また来週〜☆

このページのトップへ