WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.122/2007年3月14日

【第119話/星の意思】

色々と書きたいことがあるんですよ。

アニメのOPとEDの歌についてだとか

アフレコに行って来た話だとか

アニメと同時に進んでいる他の色々なことについての話とか。


書きたいことは色々あるんですよ。


あるんです!


あるんですけど!


しかし!


スケジュール!大ピンチ!!


大ピンチ・オブジイヤー!!!



単行本が四月に出るっぽいんですよね(よろしくお願いします)

サンデー本誌・17号が、表紙(メジャーと合作)&巻頭カラー
だそうです(メジャーは600回記念だそうですよ)

キャラソンのパッケージは全部僕の描き下ろしらしいですよ
(レイアウトは監督さんが切るそうです)

ちなみに全部語尾が『らしい』だのなんだのになっているのは
現時点で全く片付いていないからですって。

うぷぷ、面白いですね☆

あっひゃひゃ。


笑っている場合かぁぁぁぁ!!!


というわけで今週は
血ヘド吐くまで机にかじりつく所存であります。


描き続けます。上がるまで。


というわけで今週のWEBは……まぁたぶん来週もだと思います
が、ちょっと短い上に内容も何もないですが

とりあえず今週の話でもどうぞ。
そちらもたいした分量はありませんが……。



−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−

さてさて、ここから先は下田・自転車編のラスト同様、数話費や
しますが全部まとめて一話の話です。

結末までガッチリ決まっている話なので、今は
「え?これどなるの?」と思って頂いてもらえると
ありがたいです。

なのであまり書くことが……。

話の構成的にはとりあえず来週の話を読んでもらうと、色々なこ
とに納得がいくかと。
わざわざ舞台を『温泉地』に選んだ理由も、もぉ、一年以上前か
らこのためだけといっても過言ではありません!

話の内容的にも、どの『点』が『線』となり繋がるのか……
次週をご期待ください☆

マヤに関しては、今回の話だけだと世界的にちょっと違和感とか
もあるかと思いますが、恐らくこの下田の話が終わった時には
色々と納得いく形で決着が付いているかと思います。
あ、一応女の子です。

とりあえず次週!お楽しみに!

このページのトップへ