WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.98/2006年9月27日

【第097話/絶対運命革命前夜】

最近体重が気になるお年頃。
ダイエットを始めた…どうも畑です。

今回こそくじけずベスト体重を維持しようと気合を入れつつ
焼肉にフラフラ……。
そんな毎日な中いかがお過ごしでしょうか?
カルビって美味いなー。

気が付けば九月も終わりに近づいてきて、すっかり秋模様な
感じですね。
食べ物が美味しい季節ですね。
いやいや、でも太るわけにはいかないのです。
やはりこの仕事は体が資本。健康管理も仕事のうち。
頑張らねば。

そういえばスーパーマンを観に行ったんですよ。
ゲド戦記をまだ観に行ってないというのに。

で、僕は一作目、二作目を物凄く小さいときに見て、微かな記憶
しかスーパーマンの知識がなかったので勘違いしていたのですが
僕はずっと、あの青いタイツに赤マントを付けるとスーパーマン
になるものだと思ってたんですよね。

でも映画の中でマントとか付けてなくてもあのマッチョはスーパ
ーマン扱いで、そこがずっと?でした。
で、一緒に見た友達にそのことを話したら

「いやいや、あいつはデフォルトがスーパーマンやねん。で、
『メガネをかけると』クラーク・ケントになるねん。メガネ
してへん時は何があろうとあのマッチョはスーパーマン!
ある意味メガネで変身してクラーク・ケントになるねん!」

なるほど。メガネで変身、クラーク・ケントなのか。
勉強になりました。

ちなみに一番感心したシーンは農園で若き日のクラーク・ケント
がすごいスピードで走ったりジャンプしたりするのを見て、
ああ、リアルにハヤテの動きを再現するとこんな感じだなぁと
思ったところでした。

それではスーパーマンのようにマッチョになるための
トレーニングをしつつ今週の話ですが……。


−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−

今週と来週。二話に渡ってお届けするヒナ祭りのラスト。
本当は一週でまとまるかも? と思ったのですがまったく
入らず……。

ま、入らないだろうなとは思ってましたけどね。シーンの関係上。
来週のを見てもらえれば分かってもらえると思いますが……。
なので最後まで付いてきてくださるとありがたいです。

今回のシリーズについての細かい話は来週に置いといて
作者的に今回心残りなのはヒナギクとハヤテのバトルシーン。
本当はもっと長い予定で、しかもかなりなガチンコ真剣勝負を
入れる予定でした……。
ただ、ネームに起こした時点で、やっぱこれはないか? と思い
今回の話のような感じに。

実はずっと体内時計都市オルロイとかを聞きながら物凄く長い間
……それこそ連載前から頭の中に明確なイメージがあったシーン
だっただけに切るのはちょっと惜しかったなと今でも思ったり
……。
でも、それをやるともう一週増えてしまいそうでしたし……。

怒り+正宗のお陰で全ステータスMAX状態のヒナギクに
必殺技すら止められるハヤテという、作者が一人、深夜の部屋の
片隅でウフフ、ウフフ……と言いながら膝を抱えて悦に浸って
いたシーンなどもあったのですが気が付くとリスがどんぐり
喰いながら、わけの分からないことをのたまうシーンになって
いました……。
こ、こんなはずでは……。

ちなみにあのリスの名前はマスター・ペストと言います。
たぶんジェダ○の騎士です。
唐突に作ったキャラですが意外と気に入っています。

そして最終ページについてなのですが
本当は全然違うセリフが入る予定でした。が、担当から全力で
止められたので、こういう感じに……。

『これはいかん!』から『気をつけなくっちゃ!』の間に入る
予定だった注意が必要なこと……。タイムリーだと思ったのに
なぁ……。ちぇっ。
ま、あまり書くと本気で怒られそうなので、
そこは皆さんのご想像にお任せします。

ちなみに代わりに書いてあることも作者が最近常々思っている
ことでして……。時系列がバラバラなままのほうが後でDVDを
全巻揃えた時に『よし、今回は時系列順に見てみよう!』という
楽しみがあったのに……。
でも大好き。ここ数年ハマったアニメでは間違いなくナンバー1
だと思います。

それでは次週、長い長いヒナ祭りの夜の終りに
一体何が起こるのか?

第98話『THE HEADY FEELING OF FREEDOM』


お楽しみにしておいてください。


それではまた来週〜☆

このページのトップへ