WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.91/2006年8月9日

【第091話/桂ヒナギクの動揺】


暑っ……。
空気の読めない地球が
今さら夏を真っ盛りにしてくれている今日この頃
いかがお過ごしでしょうか?
どうも畑です。
頑張って生きていますか?

しかし、本当に暑いですね。
こんなに急激に夏であることを思い出さなくてもいいのに地球。
極端すぎるよ地球。
なに本気になっちゃってんの?地球。

まぁでも、これでようやく夏本番って感じですね。
特にこれが掲載される週の週末がまさに夏のピーク。
ここを読んでいる皆さんは特にそうですよね。
主に有明あたりで。花火なんて見ずに。

ウチの近所の本屋にも
例の電話帳並みに分厚いのに隅々まで見なくてはいけない
カタログが並んでいました。

それを見ると思うのです。
ああ、夏が来たなぁ……と。

でも去年の夏も思ったんですよ。
『つーか、暑いし人多いし疲れるし、大体時間がないから
もう来年は絶対来ねーっ!』
と、ゆりかもめの中思うわけですよ。

なのに気が付くと、また炎天下の中で数時間……。
空気の薄そうな場所を数十万人でウォーキング。
荷物は重い……。
いったいこれなんの宗教?
ご利益は絶対無いのに。

ち、違っ……!ちょっと海を見に来ただけなんだから!
あ……あと、人間観察みたいな!?
会場近くのホテルまでとって来た事があるなんてこと
絶対、ないんだからねっ……!

うーん……。
今年はどうするかなー。
たぶん色々忙しいから行かないかなー。
もう大人だし卒業だよねー。





ただなー。忙しい時こそ気分転換は必要だしなー。
あとウォーキングはダイエットにいいらしいしー。
ご利益はなくても閉鎖空間を作れる神様の聖典は
いっぱいありそうだしなー……。

うーん……。

うーん……。



『進むか止まるか迷ったときは、進めと教育された!』


どこぞの王女様の言葉を唐突に叫んでみた所で
第91話の話ですが……。





−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−


西沢さん、ハヤテ、マリア、ワタル、そして今回はヒナギクと、
急速に過去話をやると、まるでこの漫画が締めに入っているかの
ようですが……
違います。違うはずです……たぶん。

本当はヒナギクの過去の話をもう少し突っ込んでやってみようか
と思ったんですが、それをやるとひな祭り本番に入るまで
また少し掛かってしまうと思い、軽く触れるだけに留めておきました。

内容的には完璧少女の動揺というか、まぁなんというか少女漫画
みたいな内容というか……。
怒ったり落ち込んだり怒ったり落ち込んだりと
「どんなときもぎゅうにゅうだぞ」
と牛乳を勧めたくなるような彼女の、
本人も良く分かっていない怒りの話。
それをぶつけられるハヤテも大変だなぁと思ったりするのですが
最近随分と幸せモードで浮かれているので多少は……ね。
もっとも幸せと不幸は交互に来るようなのでそろそろ……


さて、次週は合併号なのでお休みですが
次回から物語はいよいよひな祭り本番。

世間では、夏祭りも終わりなこの時期に、ひな祭り。
一応祭りつながりで季節感を出してみるみたいな? 
だ……ダメですか?

ま、そんなわけで色々と人生は大変だなぁと思いつつ……。
それでは!


P.S.
クラウザー様が表紙のSTUDIO VOICE九月号に
以前お話したインタビューが載っています。
お暇な方は夏のお供に一読ください。

それでは、また来週〜☆

このページのトップへ