少年サンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.88/2006年7月19日

【第088話/それはかつて少年にとって神そのものだったという】


ついに88回目……。
思えば遠くに来たもんだ。
どうも畑です。

最近、何故かよく眠れません。
徹夜してようやく眠れると思って布団に潜っても
三時間ぐらいで目が覚めてしまいます。

不眠症ってやつでしょうか?
やはり運動不足がよくないのでしょうな。
うーん、夏だしちょっとプールにでも行きたいかなー。
海水浴もいいなー。
水着の子もみれるしなー、なー……(うっすら笑顔で遠い目)

さて、そんな中、またインタビューなどを受けてしまいました。
いい加減慣れてもよさそうなものですが
やはり緊張して何をしゃべっているのか
途中でわけが分からなくなる始末……。

でもインタビュワーさんがとっても熱心な方で
なかなか面白い話なども聞けて面白かったです。
いつぐらいに載るのか僕はまだよく知らないので
ちゃんと決まったらご報告を……。

で、今週についてですが
そろそろ単行本8巻の締切が迫ってきていたりするので
ちょっと短めで行こうと思います。

スミマセン……。
ら、来週こそはきちんと……。

それでは今週の話です。


−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−

西沢さんがあまりに報われなさすぎなので
少しは報われる話をしなくてはという所から生まれた今回の話
いかがだったでしょうか?

本当はもっとハヤテとのデートシーンを増やしたかったのですが
まぁ思ってたよりも入らず……。

そしてヒナギクや泉たちが制服な理由もまぁこんな感じです。
設定的に言えば雪路は一応勉強を教えるのが上手いのですが
あまり集中力がないので気が付くと野球の試合が始まっていたり
するので、妹がその尻拭いを……。

で、まぁ今回ラスト2ページに、
回想とはいえようやく登場させることが出来た人が……。

とりあえず夕日を前に背中で語る彼女のバックには
TRUST YOU FOREVERでも流しててください。
連載の遥か以前から思い描いていたシーンだったのですが
描くまでこんなに時間がかかるとは思っていませんでした……。

この漫画への質問で、なぜお嬢様の中に
縦ロールの髪型をした人がいないんですか?と聞かれることが
結構ありました。
周りの友人からもお嬢様といえば髪型は縦ロールじゃねーの?
と言われた事もあります。

でもすでに縦ロールのお嬢様枠(なんだそりゃ)は
埋まっていて、お嬢様だらけのこの漫画において
「おーほっほっほっ」というお嬢様特有の鳴き声(?)
もとい高笑いをするキャラも出していませんでした。

彼女はこの漫画の最初期、それこそちょっとした事情から
ナギよりも早い段階で姿形までガッチリ決まっていたキャラです。
ま、その割りに67話でハヤテが
「16年間彼女がいない」などと言ってしまっているので
今回のハヤテの発言に
なにやら矛盾を感じるかもしれませんが
それもそのうち……。
勢いとはいえ『彼女』なんて言っていいのかなーと……。
でもハヤテが『彼女』と言っている絵面が
あまりに面白かったのでそのまま通してみました。

まぁ、いつになるかは分かりませんが
彼女については
いずれ登場したときにでも詳しく語ることにしましょう。
このWEBを細かく読んでいただいている方には
なんとなくヒナギクの台詞から彼女が何者か
ぼんやりと察してもらえる部分もあるかと思いますが。

もっとも、これだけ言っておきながら
彼女が出る前に連載が終わるなんてことも無きにしも非ずなので
登場を楽しみにしてもらいつつ応援してもらえると
ありがたいです。

それでは今週はこの辺で。
また来週〜☆

このページのトップ