WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.86/2006年7月5日

【第086話/少女だったと懐かしく……】

いつの間にやら一年が半分終わり
気が付くと七月になっているという現実に
恐怖を覚える今日この頃いかがお過ごしでしょうか?
どうも畑です。

サイン会や巻頭カラーなどでやたらと忙しかったせいか、
何か知らない国にでも行って気分転換でもはかりたいと
思ったりもするのですが
僕は飛行機に乗るのが物凄く怖い人なので
秩父あたりに知らない国はないものか探したりする毎日です。

そういえば先週号のサンデーに
このバックステージの広告が載っていてちょっとビックリ。
てことは今週あたりからその広告を見た人が
このページを覗きに来てくれるかもしれません。
これはチャンスです。見逃せませんね。

はーい☆てことで、どうもこんにちは。
本誌に載ってた宣伝を見てこられた君!
はじめまして!畑健二郎と言います。
健二郎の『二』を読者の半分くらいが
『次』と書き間違えることで有名な漫画家です。
おっと大丈夫。
小さい頃から先生にさえ書き間違えられてきた名前だから
どれだけ間違えられても平気ですよ。

ここは漫画家バックステージ。
連載漫画の裏話や近況などが聞ける素敵なページです。
でも書けないことも多いのでなにかと文章には気をつかう場所です。

最近の僕の近況といえば
読むと後味の悪くなる話がたくさん載っているサイトを見つけて
それを端から順に読んでいってはブルブル震える毎日です。
最近、夜寝るときは電気をつけて寝ています☆

ちなみにその中に家に幽霊がいるかどうかを確かめる方法として
頭の中で玄関から順番に家の各部屋を見て回るのを思い浮かべて
その中で家に誰もいなかったら良し。
いたら……って話があったんだけど
こんな職業だと家の中にありとあらゆる幽霊がいる想像が
出来てしまうので、今や我が家はゴーストハウス。
風呂場には牛鬼がいたよ。牛鬼。スゲー強い妖怪です。

そんな風に一人でボケて一人で怯える漫画家を
もっと応援したいそこの君!
応援する前にまずは勉強だ!
で、予習・復習をしっかりやってもまだ時間が余る
もしくは時間をそこはかとなく無駄にしたい君!
そんな君からの暖かい励ましのメールを待ってるよ☆

漫画の内容や僕についての質問も受け付けているから
ドシドシ送ってきてくださいね!


現在、深夜三時。
ネームが難航し、いい感じに脳が腐ってきた模様……

それではハイなのかローなのか分からないテンションのまま
今週の話です……






−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−

えーと……
『社交会』についてのツッコミはなしの方向で。
上手い表現が思い付かなかったので華麗にスルー。
一応、社交会という単語はないので
間違って覚えてはいけません。
正しくは『社交界』
パーティーは舞踏会?社交ダンス?社交パーティー?
なんにしても単行本ではちと修正するべきかな……?

さて、内容については
後半十ページ分くらいのネームを一体何通り描いたことか……
なんか三話分くらい考えた気がします。

最初は社交会に急ぐ雪路の前にさまざまな困難が立ちふさがる
という展開だったのですがなんだか上手く回らずに没。

次にクラスで雪路が生徒を集め告白実戦とかをハヤテを使って
いろんな女の子にやるというラブコメ全開な感じに
しようとしたのですが何だかハヤテがかわいそうになってきて没。

もう一つのパターンで彼氏がいないことに落ち込んだ雪路を
ハヤテが慰め、ちょっといい雰囲気になるという展開も
考えたのですが、これは考えただけで
どうしていいやら分からなくなりそうなので止めました。

あと、エイトとか神父とかクラウスさんとかが
色々活躍したりする展開もあったのですが
ロボやおっさんの活躍を誰も読んでくれない気がしたので
今回のような展開になりました。

どうでもいいですけどアッシーとかって単語は
小学生に伝わるんでしょうか?
色々不安です。

一応、雪路はヒナギクの姉なので
ルックスはきっと悪くはないと思うのです。
十代の頃は美少女といっていいレベルな人だったはずですし。
なのに何故か男の気配がしません。
不思議です。
ちなみに十代の頃の『美少女だった』雪路を薫先生は
知っていたりするので現在の心境は
複雑な感じになっているのです。

なんにしても
毎週いろんなことを考えながら描いているこの漫画
来週もお付き合いしてくれると幸いです。

ではでは来週は表紙&巻頭カラー!!
夏っぽいものを目指した絵になっていると思うので
お楽しみにしておいてくれるとありがたいです。


それでは皆さん!
また来週〜☆

このページのトップへ