WEBサンデー



畑 健二郎

Vol.78/2006年5月10日


【第078話/白皇のマリア】

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
楽しい思い出はできましたか?

僕のゴールデンウィークは仕事を満喫。
特に楽しくはなかったです。

あ、ちなみに告知したかもしれませんが
80話目がカラーですのでよろしくお願いします。

それを仕上げたり単行本の作業をしたり
まぁ、そんな感じで
ゴールデンウィークは過ぎ去っていきました。
もっとも、このWEBを書いてる時点でまだあがっていないので
色々と問題だったりするのですが……

さて、いつもならそろそろ質問に答えたりするのですが
質問に答えてばかりというのも芸がないので
今回はちょっと違うものを募集したいのですが……
よろしいでしょうか?

それが何かというと
皆様が知っている怖い話を教えてください。

いや、アシさんたちとどういう流れか忘れましたが
夜中に怖い話をしていたのです。

で、意外と怖い話をしようというと
僕も含めて実体験はもちろん
テレビや雑誌の知識も含め
都市伝説やら幽霊やら色々みなさん引き出しをお持ちで
とても面白かったのです。

が、さすがに丸二日も話せば怖い話のネタも出尽くしたというか
もう話すことがなくなったというか……
そこで読者の皆様なら
まだ珠玉のネタを持っているのではないかなぁと思い
ここに至ったわけです。

別に実体験じゃなくていいです。

アシさんたちに僕が自慢げに話して怖がらせてやろうという
趣旨のものなのでテレビや雑誌などからの話で十分です。
別に漫画のネタに使う予定もないですし。

ので、あなたの知っている珠玉の怖い話をお聞かせください。
よろしくお願いいたします。


あ、ちなみに僕の怖い話は1ミリの嘘もない実体験で
夜中の三時に自転車で中杉通りの脇の細い路地を走っていると
真っ暗な夜の闇の中、一人ゆっくりと歩く
白髪で白装束姿のおばあさんがいて
それだけでも怖かったのですが

横を通り過ぎる瞬間、そのおばあさんが
頭の先からのど元にかけて
顔全体を覆うように不気味なお札を貼り付けている事に気付き
ダッシュで逃げた話です。

小柄だったのでおばあさんだと思うのですが
なんだったんでしょうか?
夜中に一人でなんのコスプレのつもりなんでしょう。
謎です。ちなみに特に気の利いたオチ等はないです。


と、まぁこんなレベルの話です。

夜の暇を埋める皆様からの怖い話。
お待ちしております。



では今週の話です。



−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−

友人から、ある意味ホラーとまで言われた先週のマリアの
制服姿から二週間、白皇に潜入したマリアのお話。

とにかく制服姿のマリアが非常に描きにくくて大変でした。
やはり彼女にはメイド服が一番な感じです。

ついでに言えば
制服姿のハヤテも描きにくくて描きにくくて……
作画の面では泣きそうでした。


実は描いたのがゴールデンウィークのさらに前のことなどで
なにを思って描いていたのかよく思い出せません……

ただ、随分と悩んだ話ではありました。

一番初めはマリアVSヒナギクという構図を
漠然と考えていたのですが
うまく一話に入りきらず没。

その後もあれこれ悩んだ挙句
出来上がりはこういう形に。
いかがなもんでしょうか?


それにしても

マリアの二番目のメガネ姿が何かに似てるなーと思ったら
『改蔵』に出てきたチタンに似ているなーと気付いたのは
描きあがってからでした。

個人的なことを言えば
今回の話を描いたあと、ひとつ後悔が……

やはりナギの一人でお留守番話で一話作りたかった……

なんだか一人だと大人しくなった子猫みたいな感じで
ちょっと面白そうだったので
そっちをやっても良かったなーと……

うん、それはまた、いずれ機会があれば……



そんなこんなで今週のWEBはちょっと短いですが
そのぶんカラーとかを頑張っていると思って
大目に見てください。

それではまた来週〜☆

そういえばようやく
話数と更新ナンバーを一致させることができました。

いや、だからどうしたといわれそうですが
小さなこだわりみたいなものです。

ま、まぁ、そんな感じで
また来週お会いいたしましょー☆