WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.72/2006年3月29日

【第73話/今回は二回読むことになる試み】


どうも畑です。
5が終わってないのに新作がもう発売というエースコンバットに
どうしていいやら分からない畑です。

FF12もやらなくてはいけないというのに……

さて、そんな中、今週も質問に答えていこうと思います。

担当様から
『毎週文章が長すぎだ。長すぎな文章に絶望した』
的なことを言われたので短めで行こうと思います。

まずは結構指摘されてちょっと感慨深かった質問から


□バックステージの数字と話数が違うのはなぜですか?

この質問を読んで
一年以上連載をやっている実感が少しわきました。
そうですよね。
全員が一話目から週刊で読んでいるわけではないんですよね。

これはですね。この漫画の連載一回目が
1,2話同時掲載という特殊な掲載方法だったからなのですよ。
つまりその影響が72週たった今でも続いているわけで
これが意外と作者と担当を混乱させる元になったりしています。

なので、どこかの合併号でどうにか数字が合わせられないものか
調整したりはしているのですが……


さてでは次の質問。
ここからはポンポンとテンポよく行きますね。


□ページ数は増やせないの?

ページ数を決めるのは編集部なので僕には無理です……


□ブログ作りませんか

今はここを毎週更新するだけで手一杯なので出来そうに
ありませんが連載が終わったら作るかもです。


□仕事中のBGM

基本はラジオ。
TBSの深夜ラジオが特にお気に入り。

最近買ったSONY ネットジューク NAS-M7HDが
高かったけどラジオバカの自分には超便利。
勢いあまってネットウォークマンまで買ったのですが
CNNECT Playerが……

あとはアシさんが音楽好きな人たちばかりなので
僕の知らない洋楽や知らないミュージシャンのCDがかかっています。
マーズボルタってどなた?


□夢で見たものがネタになる割合は?

たぶんバレンタインのときに描いた四コマくらいじゃないかと。

一応枕元にはいつもメモ帳を置いて寝るのですが
起きて描いてあるものを見ると
何が面白いのか理解不能……

昨日のメモ帳には
『ナギはラーメンに塩を入れて熱さを緩和』と書いてありました。
どうしたら良いのでしょうか?


□コウとガトーはどっちが好きですか

ガトーです。


□イザークは好きですか

大好きです。

□最近師匠とあってる?


会ってませんがメールはよく来ます。
衝撃的な内容が多いです。



□崖に落ちた薫先生はどうなったんですか?

多分生きてる……と思います。


□ライフセイバーズって何?

月刊だったころのサンデー超(スーパー)増刊で連載していた
僕の全五話の初連載作品です。
単行本にはなっていません。
単行本になるという話を聞いたことすらありません。
いつか単行本になったら良いなぁと夢見がちです。
でも単行本になるなら全部描き直したいです。
でも背景も効果もほとんど一人で描いたので
思い出深いことは確かです。

ちなみに最初、全五話かもう少し続くかも、と言われたので
六話目と七話目が構想としてはありました。
たぶん押入れを探せば六話目のネームがあると思います。
永遠に日の目を見ることはないでしょうけど。



……と、また長くなってしまいましたね。

では質問の続きはまた来週にでも……

それでは今週の話です。



−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−

まぁ結論から言うと今回の話は
WEBのサブタイトルの意味するものがメインかと……

ちなみに表紙と16ページ目も除きます。

内容に関していうと……まぁ、久しぶりにヒロインが
ヒロインらしい扱いを受けている話という感じです。
そして西沢・弟が描きにくくて泣きそうだった……

募集した質問にもこういうのが来ていました。


□一番描きやすいキャラは誰ですか?


ナギとヒナギクです。
この二人は圧倒的に描き易いです。

次に咲夜、伊澄、ワタルと13歳のお子様たちが続きます。
ちなみにアシさんたちからは
『着物の柄と髪のベタ艶がめんどい』という理由で
伊澄はちょっと……とアシさんの間では苦手な感じです。
なので最近、伊澄の髪のベタ艶は
半分くらい自分で塗っています……

で、その次が
サキさん、西沢さん、雪路といった感じです。
この辺くらいまでは割りと描くのが楽です。
あまり描くのに悩みません。

ハヤテ、マリア辺りから描くのに悩みが出てきます。
主人公ということもありますが
どう描くのが一番良いのだろうと
いまだに悩みながら描いています。
特に二人に関しては服が色々……

執事服もメイド服も
どうやったらカッコよかったり可愛かったり出来るのか
いまだに不明です。
(メイド服に関してはサキさんも同様ですが)

やはり資料として
どこかで執事服とメイド服を買ってくるべきか?
しかしメイド服って意外と高いんですよね……
ていうかどんな顔をして買えば良いのか?
そして買った後、この男ばかりの仕事場で誰が着るのか?
うーん、悩みは尽きません。

あ、それで今週の話ですが
ワタルと一樹は同い年ですが同じクラスではありません。
それどころか同じ学校に通ったことすらありません。
そのうち二人がどう知り合ったかは……
単行本の四コマくらいでやろうかと。
本編の中でやるほどもないことなので
四コマで十分『ん……まぁ、そうだよね……』と
納得していただけるかと思います。


それではまた来週〜☆

このページのトップへ