WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.68/2006年3月1日

【第69話/欠けた心の補完】



ちょっとずつ暖かくなってきて
心がウキウキしてくる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
どうも畑です。


単行本・第六巻の準備(3月18日ごろ発売予定)

第72話のカラー(2ページカラーの18ページ)

4月末の増刊(今回は4ページくらいらしいです)


という素敵スケジュールで僕の心もドキドキです。

ちゃんとこなせるんでしょうか?

不安です。



さて、そんな中!

皆様からの質問メールを受け取りました!


で、本当はガシガシ質問に答えていくつもりでしたが!


結論から言うと何というか

恐るべき量のメールが来てしまい

まだ全然読めていません……


すみません……


多分、一週間で来たメールの量としては
過去最大級だと思います。

まさかこんなに来るなんて……

全部合わせたらちょっとした小説よりも文章量があると思います。


ちゃんと全部読んでから
お答えしますのでしばしお待ちください。


でもありがとうございます。

ああ、結構このWEBも
読んでくれているのだなぁとうれしくなってしまいました。



では今週の話ですが……




−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−






ヒロインの平均年齢が過去最高齢な第69話。

これでいいのか不安で仕方がない牧村さん赴任話。


年齢的には過去最高齢ですが
精神年齢は過去最年少というか、
ビックリするほど低レベルな戦いが繰り広げられた感じです。



牧村さんの教師赴任は最初からの決定事項というか
もともと彼女は白皇の教師として設定されていました。

で、まぁ赴任してくるのは
四月の新学期が始まってからにしようと思っていたのですが

いつになったら四月が来るのか分からないので

早めに来て桂先生と対決してもらいました。


まぁ本当に何も考えてない人ですが
気が付くと周りが大変なことになっている人なので
迷惑な事この上ない感じです。

真面目で元気で前向きなダメ人間。
もとい人間兵器。


しかし、今週描いてて思ったことは
その……

うん、やっぱりこの手のシーンは
若い女の子のほうが描いてて楽しいかなぁ〜と……

特に桂先生は……もぉ……

とても読者が喜ぶとは
思えないサービスシーン(と呼んでいいのかさえ怪しい……)を
描く意味はあるのか……

色々なぞです。



ま、まぁ今後も頑張って色々描いていこうと思っているので

よろしくお願いします。


それではまだまだピンチが続いているので
今週はこの辺で……

また来週〜☆

このページのトップへ