少年サンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.67/2006年2月22日

【第68話/お金で買えない価値を知っている】



ということでクロックアップ!
皆さん元気してるかな?


そういえばここを読んでいる親戚の方に
言われて気付いたのですが
歯は治療して完治しました。

あの後どうなったの?
と言われ、
そういえばどうなったのか言ってなかったなーと。

結局あの後
歯医者さんに一か月くらい通って(いや、もっとかな?)
神経を抜いたら痛みもなくなりとても快適に。

もう大丈夫な感じです。
随分といまさらな感じですが……


さて!それは置いておいて!


ここで緊急のお知らせです!

実に一年ぶりくらいのお知らせですが……


アシスタントさんを募集します!


慢性的な人手不足を抜本的に解決するには
やはりこれしかないということで
詳細は以下担当様より。


[畑健二郎先生のアシスタント募集]
畑先生のアシスタントを希望される方は、
ご自身で描いた絵を数点(ペンで描いたものに限ります。コピー可)と履歴書を同封の上、下記のあて先までお送りください。

〒101-8001 東京都千代田区一ツ橋2−3−1
小学館 少年サンデー編集部 「畑健二郎アシスタント募集」係


※週に3〜4日、東京都内の勤務地に通える方に限らせていただきます。
※応募いただいた履歴書、絵はご返却できません。
 また、応募多数の場合は、 すべての方にご連絡できないことがありますのでご了承ください。
 採用者が決まり次第、応募締切とさせていただきます。
 その時は、このページ内でお知らせ致します。



本気で漫画家を目指す熱いパトスを持った方!
ドシドシご応募お待ちしておりまーす。

ではちょっと早いですが
今週は単行本の表紙を描いて完全に力尽きたので
とりあえず今回のお話を……



−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−




そういえば僕も結局
漫画賞を取れなかったなー……

そんなこんなな第68話。

バレンタイン三週目をやろうかとも思ったのですが
バレンタインに何の思いでもない男が
三週もチョコをあげた貰ったの話を描くのは辛いということで……

続きはホワイトデーのときに……たぶん……


で!

今回のネームはラスト10ページが三通りありました。

久しぶりに迷宮に迷い込んだ感じで疲れました……


最初に考えた話は漫画賞に落ちたナギが経験を積むため
漫画家のところにアシスタントに行くという話。

アイディアとしては結構面白かったのですが
話のボリューム的に全然ページが足りず……

二週に分けようかとも思ったのですが
今のボクは一話で終わる話にこだわりたくて……

何とかまとめてはみたものの
担当もイマイチな反応。

この辺ですでに時間ギリギリ。

しかし、やはりこれはイマイチということで没。



で次に考えた話は
落選して落ち込むナギをハヤテと伊澄が励ます話。

これはそんなに悪い話ではなかったのですが
基本的に会話中心で終わっていたので微妙な感じ。

でも一応話は成立してるし
担当もこれで行こうと言っているし
時間もなかったので描き始めたのですが
六ページ目まで原稿を進めたところで


頭の中の炎尾燃が囁くのです。


本当にそれで良いのか?





いや!いいに決まっている!
そこそこ気に入っているシーンもある!
これはこれで良いんだ!


そう自分に言い聞かせたのですが

やはり何かが囁くのです。


本当に?
本当にそれで良いのか?


連載を始めてお前は
何度そうやって自分を誤魔化し
後悔してきた?

…………うぐぅ……


そして
6ページ目の原稿をペン入れした時点でファミレスへ。
もう一度、話を考え直し。


で、出来た話が今回の話です。


多分、面白さ的には
この三つはほとんど変わらないと思います。

とくに二番目と三番目は
内容は全く違っても、面白さのレベルは
ほとんど同じといって良いでしょう。


それでも自分が少しでも納得したものと
そうでないものでは
掲載された後の後悔のデカさが半端なく違うので……

でも伊澄のシーンを切ったのは
ちょっと残念だったな。

そのうち活躍させたいです。


まぁ、そんなこんなな感じで出来た話なので
何とか気に入ってもらえると嬉しいです。

それでは、また来週〜☆

そういえば皆さんから募集した質問は
随分と来ているみたいです。

ありがとうございました!
近いうちにお答えしたいと思います!

このページのトップ