WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.46/2005年9月14日

【第47話/胸を焦がすような熱い想い全部】


ありがとうの気持ちはどうやって伝えたらいいのだろう?

『ありがとうございます』

と口で言うのは簡単だ。

でも簡単過ぎて、あまり伝わった気がしない。


どれだけ言葉を並べてみても

言葉は言葉。

なにかがどうも足りてない。


では

この胸いっぱいの想いを

どうやって皆さんに伝えよう?








そうだ。


感謝の気持ちは『形』にしよう。

仮にも漫画家なのだから
言葉よりも感謝の気持ちは
出来るだけ頭の悪い絵にしよう。

きっとその方が
言葉よりも皆さんに感謝の気持ちが伝わるだろう。



というわけで☆



週刊少年サンデー・第45号

ハヤテのごとく!☆一周年記念!

表紙&巻頭カラー&描き下ろしポスター&ちょっとだけ増ページ


限界突破の素敵スケジュール前半戦。


その後に控える四巻目の発売(たぶん色々やる予定)と共に

お楽しみにしておいてもらえると助かります。



ちなみにサンデーの表紙は描きました。

感謝の気持ちが伝わる頭の悪い絵ということで

ほとんどロゴなどで消えるのに
よせばいいのに背景の隅々まで徹夜でちまちま塗りました。

正直言って死にそうでした。

表紙というのは皆さんも知っての通り
デカデカとさまざまなタイトルロゴが入るので
背景なんて描いてもほとんど隠れてしまいます。

でも僕の大好きな歌によれば
どっちを選ぶか迷ったら
どっちがロックかで決めろと言われたので
完成度としては単行本の表紙と全く変わらないものを描きました☆

基本的には
『あんなに細かく描いたのにロゴで背景見えねーじゃん!
描いた意味ねーよ!』

という自虐的な突っ込みをしたいがためだったりします。


な・の・で☆


どんなに手に取るのが恥ずかしくても

ちゃんと買ってくださいね☆

学校で、電車で、会社で、家族のいるリビングで

堂々と読むのが良いと思います☆


表紙の恥ずかしさから雑誌が売れなかったら
たぶん二度と表紙を描かせてもらえないような気もするので……

よろしくお願いします。





で、今週のお話ですが……




−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−



一周年を前に
連載初期の雰囲気の話をやりたくて描いた第47話。

ナギとハヤテとマリアだけの(タマも一応いますが……)話は
なんだかずいぶん久しぶりな感じがします。


で、内容的には必殺技の話なんですけど
そういえばライフセイバーズの最終回も
『気を使った必殺技』の話だったのを思い出しました。

どうやら僕には
『少年漫画の主人公は
気を使った必殺技くらい使ってもらわないと』
という考えが深層心理としてあるようで
さすがDB世代ですな。

まぁ、宗谷と違って
ハヤテはそう簡単には会得できないと思いますので
そのうちボチボチと……

この漫画は物語が『日付』を中心に進むので
色んなことが置いてけぼりになりがちですが
あまり気にせずに……

それでは今週はこの辺で。
また来週〜☆

このページのトップへ