WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.39/2005年7月20日

【第40話/移動できる場所に『白皇学院』が加わった】



2005年7月6日更新のVol.37からの抜粋

>きっと編集部が困るくらいメールが来るんじゃないかな☆



本当に編集部が困るくらいメールが来るとは……

皆様からのメールを一通一通プリントアウトした用紙で
人が殺せそうです。


でも嬉しかったです☆

お祝いのメールを送ってくださった皆さん!
本当に……本当にありがとうございました!

なんだか色々死にかけだったりするのですが
今後とも頑張りますので応援よろしくお願いします!



そういえば世間では今週くらいから夏休みなのでしょうか?

僕らの頃は『夏休みの友』という名の敵がいたのですが
今もあるんでしょうか?

いまどき夏休みの宿題ってどんなのがあるのかなーと
素で思ったりしています。

暇な方は教えてください。

いや、送られてきたメールを見て
やはりここを見てくれている人はいるのだなーと実感したので
もう少しコミュニケーションを取ってみたいなーと……

ちなみに送られてくるメールでは年齢の部分
直接送られてくるハガキや手紙は住所の部分を見るのが
密かな楽しみだったりします。

うわー、こんな年齢の人が読んでくれているんだー、とか
こんな遠くからこの手紙来てるんだーとか
想像するのが楽しいのです。

まぁ、そんなこんなで
まとまりの悪い文章から今週の話なのですが……



−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−


疲れ果てた漫画家が
一流という言葉から連想できるサブタイトルが
それしかなかったという第40話。

扉は先週入りきらなかったシーン。
やはりどーしても描きたくなったので……

ちなみにヒナギクが泊まっている理由は
夜中にマリアがハヤテを探し、ナギが一人で寝れないので
その代わりとして。
本当はその辺の絵を入れたかったのですが上手く入らず……

こっちと扉絵は迷ったのですが結局マリアで行く事に。


で、まぁ今週の話は何と言うか
今まで説明してこなかった恐らくとっても重要であろう設定が
幾つか明らかになった話です。

本当はもっと前、
それこそ第3話で明らかになる予定だったのですが

「学校行かないのにその設定を出しても意味ないじゃん」
という至極まっとうな指摘により
ずーっとないがしろにされてきて40話。


ナギというキャラクターの
アイデンティティーの根幹をなす設定が
ようやく紹介できて嬉しいです。

33話くらいから読み直してもらえば
しつこいくらいに『学校』という表記しか使っていないことに
気付いてもらえるかと。

そして、マリアについてもちょっとだけ……

彼女はつまりそういう人なのです☆

先週のラストの展開についても
いずれご納得いただける日がくるかと。
そこまで続くと良いのですが……

で、今週から白皇学院に行くわけなのですが
このまま学園漫画に……ということにはなりません。

どちらかというとWEBのサブタイトル通り、
『屋敷』以外の移動可能場所に『学校』が加わった感じです。

どこまでいってもこの漫画は執事漫画ですので☆

この漫画が長く続けば、もう幾つか
こういう大きな『移動可能場所』が加わる予定です。

なのでホント言うと
『漫画内の日付的にいうと土曜日だし
今週の話では学校行かなくてもいいや』
と漠然と思っていたりしたのですが

さすがに先週のフリから今週学校行かないとマズくね?
という至極まっとうなお答えを担当様からいただき
とりあえず土日のイベントを飛ばして
新しく加わった移動可能場所に。

ゲームの基本ですな。

そこで待つ『強敵』と書いて『とも』と呼ぶ
新たなる執事と主……

冴木氷室(サエキ ヒムロ/17歳)と
大河内大河(オオコウチ タイガ/10歳)


なんというか美形の男性キャラは
描くのがかなり苦手な上
この漫画に必要なのか
かなり不安な感じではあるのですが
立ち位置として
出さないわけには行かないキャラなので……

でも普段描かない男性美形キャラというのは
描いてて楽しいです。

ま、二人の詳しい説明についてはいずれまた。

今はまだ多くを語れないキャラですので。



それではまた来週〜☆

このページのトップへ