WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

畑 健二郎

Vol.33/2005年6月8日

【第34話/関さんバージョンより島本先生バージョンのが好き】


Zガンダムが見たい。
Zガンダム見たい。
三度の飯よりZガンダムの映画が見たい。

Zガンダムは恐らく、全話通して見た回数など
本当に10回以上で、ラスト2話分だけなら
もう数え切れないくらい見た大好きなアニメです。
だから、どーしても新作の映画を見に行きたい。
這ってでも見に行きたい。


……………………と、いう文章を書いていたら
何故か読者様から
Zガンダムのチケットが送られてきました。

見透かされてるよ……
タイミングが良過ぎだよハニー。

あまりのタイミングの良さに
もしかしてこの部屋に
監視カメラでも付いているのかと思ったよ。

しかも何故かドリームジャンボ宝くじまで入っていて
「これでお金持ちになってください」って
どこのジオンのご子息でしょうか?
住所も名前もないので星空に向かって感謝の気持ちを送ります。
ありがとう☆

もし一億円とかあたったら全額、秋葉原で使おうと思います。
ええ、一円も残さずね。お約束します。

で、そんなことを言っているうちに
いよいよ2巻目が来週発売だったりします!

とある漫画のキャッチコピーによれば
何度も読んでボロボロになったら、
もうワンセット買うという手があるようですよ?

ボロボロになる前に買うという手も
あるかもしれません。

いや、買うといいんじゃないかな?

表紙はひまわり畑の真中で
無駄に笑顔を振り撒いている主人公と
自分より背の高いひまわりに
おむずかりなご様子の主役。

なんにしても漫画家の生命線は単行本の冊数なので
犬にかまれたと思ってヨロシクお願いします☆


で、今週の話ですが……




−−−−−−−−−−−ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−




前回から登場しているナギの制服ですが
正直言ってこれといったモチーフはないというか
もう、何の影響でこういうデザインになったのか分かりません(笑)。

とりあえず描きやすさとシルエットが可愛いものをということで
こんな感じになっておりますが
気に入ってもらえると嬉しいです。


で、内容に関してですが実を言えば今回の話の前半部分は
例の暫定最終回のラストに入れようと思っていた話で
伊澄とナギのこの辺りの感じが
作者が一番やりたかった部分だったりするのですが
どんなもんでしょうか?

ちなみに伊澄とナギの関係性については
『第3巻』(来週発売の2巻目ではなく……)の中表紙に
わかりやすい形で描かれる予定なので
嘘でもお楽しみにしておいてください。


そういえば今回の話を描くにあたって
カッシュ博士の台詞が正しかったかを確認するために
もう何度見たかわからないGガンダムの最終回を見直して
いたのですが
もぉ面白すぎて面白すぎて……

改めて自分のやりたいことは
こういう
「真面目なんだか、ギャグなんだか、わからないけど熱いなぁ〜」
て感じのことだよなー、と思ったりしていました。



まぁそれで今回登場の新キャラ一人目なのですが

一人目は白皇学院・教師
『桂 雪路(かつら ゆきじ)』 28歳

こんな奴を雇っていて本当に大丈夫なのか? 名門学院。
うん、まぁ大丈夫だということは
今後徐々に分かってもらえるかも知れません。
あまり自信はないですが……

OLやらなんやらを経て現在は白皇学院の世界史担当。
生徒からの信頼が厚いのか
いつも「桂ちゃん」や「ユキジ」と呼ばれ、『桂先生』と呼ばれることが
ほとんどないという親しみやすさ。
本人も呼び名の事など気にも止めず日々お金のなさに
四苦八苦しております。

キャラとしてこだわりたかったのは
不細工ではないが美人でもない感じを出したくて
色々試行錯誤してみたのですが……うーん、どうでしょうか?
28歳なので『美少女』というカテゴリーからは
ちょっと外したかったのです。





いえいえ。



現実には28歳でも美少女と呼べるくらい
可愛い子はイッパイいますよ?

いや、28歳はまだ美少女といって良い年齢なんじゃないかな?

うん、美少女ですね。

間違いないですよ。ええ。



ホントいったい誰に向かってフォローしてんだか……



それで『桂』に関してですが
実を言うと一番重要な点について、まだ触れてないので
来週をお楽しみという感じです。ええ、本当に。

今回は桂以外にもモブで一コマだけ新キャラが出ていたりするので
いつか学校編が落ち着いてから見直すと
色々発見があるかもしれません。

あとマリアの学校についての話は
近いうちに明らかになるので、あえて全く触れないようにしています。
実を言えばその辺りの設定が
この漫画の根幹部分に徐々に触れてくるとか、いないとか……

それも含めて今後もお楽しみにしておいてください☆



本当に皆様からの応援だけが頼りですので
どうかよろしくお願いします。

それではまた来週〜☆



p.s.

書き忘れてましたが
WEBの一番上のサブタイトル(?)の意味が分からないという方は
島本和彦先生の名作『炎の転校生』のアニメのCDをお聞きください。

ていうか聞いたことがないという方は
『炎の転校生CD SPECIAL』を
何が何でも探し出し聞いてください。
その価値がある名曲なのは保証しますので☆

それでは〜☆

このページのトップへ