WEBサンデー

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

福地 翼

Vol.65/2017年10月18日

こんにちは!
今週は新シリーズ2話目です。
前回のヒキで判明したアイツを捜すために手を組むことになったアイツらとアイツら!
そこへ忍び寄る怪しいアイツら。
果たしてアイツらはアイツを見つけることができるのか?!
以上、結局何もわからない予告でした。笑

来月の17日にコミックスの10巻が発売になります!(突然の告知)
いぇーい!
うえきの法則以来の2桁巻数!
いやー、まさかこんなに続くとは。
10冊並んだ本棚を想像するだけで今から視界がボヤーっとしてきます。

コミックスの作業もすべて終わり、あとは発売をただ待つばかり。
この期間が一番好きなんですって話前もしましたっけ?

発売しちゃうとそうでもないんですが、発売日前なんて興奮して眠れなかったりしますからね。
ああ、遠足の前の日がそんな感じだよねーなんて軽く思ったあなた!
その通りです!
その通りなんですが、その遠足の前の日現象、実は結構大人になると起きにくいんですよ。
大人は色々経験してきてるので、大抵のことじゃあのワクワクが起きないのです。

でも僕はコミックスの発売前日は未だにめっちゃワクワクするんですよね不思議と。
コミックスも今までに40冊くらい出してるはずなんですが、全然変わらず、いや、下手したら昔よりも今の方がワクワクしてるかもしれません。

この仕事をさせていただくようになった頃はまだ本を出すことの大変さもよくわからず、実感というものがそんなになかったんですが、15年くらいやらせていただいた中で、一冊の本を出すのにどれだけの人が関わって、どれだけの手間がかかって、どれだけの人の手に渡るのか…それがわかってきて、ああ、自分はなんて幸せなんだろう、なんて恵まれてるんだろうと実感できるようになったんだと思います。

僕はコミックス作業が終わってから発売日までのこの期間を、スーパーマリオに因んで「スター状態」と呼んでいます。

スター状態の僕はいつもより3割増しで漫画を面白くすることができます。(当社比)

なのでこのスター状態のうちに一本でも多く面白いネームを描いて、次のシリーズ、そしてまたその次のシリーズと、面白いサイケをお届けできたらなと思ってます。

それではちょっと早めの告知になってしまいましたが、来月の17日は何卒よろしくお願いいたします。
一部地域の方も18日以降よろしくお願いいたします。

ではでは、今日はこの辺で。

このページのトップへ