WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

福地 翼

Vol.10/2009年3月25日

えー、初めましての方は初めまして!
お久しぶりの方は超お久しぶりです!!

前回のバックステージを更新してからだいぶ間が開いてしまいました。
超すいません!(汗)

このたびサンデー超(スーパー)で、以前本誌で描いた読みきり『タッコク!!!』を連載させていただく事になりました!
超ありがとうございます!
超久しぶりの連載で超緊張してます。

(・・・・・・さて、サブリミナルはこのくらいでいいかな?)

えー、以前の読み切りを読んでくれた方はピンと来たかもしれませんが、今回は『卓球まんが』です!!
そして「ラブコメ」です!!!
前作の傾向まったく無視!!!

僕は以前『うえきの法則』というまんがを描かせていただいてたんですが、この漫画はいわゆる「バトルまんが」でした。
某web記事では植木職人の漫画と勘違いされてましたが、僕の記憶が確かならばアレはバトルまんがだったはずなんです!

で、それがなんで急に卓球ラブコメにベクトルチェンジしたかというと、理由はいたって単純で、

「そこにサンデーがあるからだ!」です。

僕は子供の頃から少年サンデーを読んでいて、サンデーといえば僕の中では、青山先生や藤田先生のバトル漫画に毎週ワクワクしながら、その一方で『らんま1/2』の高橋先生と、『虹色とうがらし』のあだち先生という二大巨頭を筆頭に、多くの先生が描かれていたスポーツまんが、そしてラブコメまんがにドキドキしていたんです。
それはもう「大・スポーツラブコメ時代」だったわけです。

僕にとってサンデーとは、ことスポーツ・ラブコメにおいては他の追随をゆるさない雑誌だったわけです。
これはもう一種の洗脳のようなもので、実際に自分がサンデー誌上でバトル漫画を描いていても、心の奥底で、
「せっかくサンデーと縁ができたんだから、いつかスポーツかラブコメが描きたい!」って想いがもにょもにょ動いていたわけです。

で、うえきの初期の頃に一度オリジナル読みきりを描かせてもらえると言う話になって、



「やた!ラブコメ描く!!!」と、なんのノウハウもないままラブコメもどきを描かせていただいた事があったんですが、
いや・・・なんていうかね・・・・・・・・・目も当てられないってこういうこというのね、というできで。(恥)
ああ、なれない事するもんじゃねぇやと、自分を戒めてラブを封印したんです。
(まあ、もともと必要以上のラブは描くつもりなかったですが。)

で、なんやかんやで『うえきの法則』、『うえきの法則プラス』というまんがが終わって、さて次何描こか・・・と、お風呂でボーっと考えてたら、なんか知らないけど再び、

「あ、ラブコメ描こう。」という無謀な発想に至って。(笑)

「あれから何年も経ってるし、あの頃よりはちょっとはましなもんが描けるだろう」、というなんの根拠もない理由に始まって、

「どうせやるならスポーツラブコメだ!!!」みたいな、なぜそうなる的な発展ののち、






「卓球!!!!!!!」




・・・で、今に至ります。(←あほ)


えー、サンデー超は今号から毎月出るらしいので、毎月読んでいただけたらこれ幸いでございます。
web(クラブサンデー)の方でも今日更新のはずなので、サンデー超が手に入らなかった方はそちらでチェックしていただけたらと思います。

というわけで、久しぶりすぎる新連載『タッコク!!!』をどうぞよろしく願いします!
がんばります!!画像のペンギンは本編と一切関係ありません!!!

このページのトップへ