WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

福地 翼

Vol.6/2005年4月27日

 こんにちは、福地です。なんだかんだで前の更新からだいぶ間があいてしまって、申しわけありませんでした… 別にバックステージ書くのが面倒くさいとかそんなんじゃなくて、いやむしろ毎週でも更新したいくらいなんですが、基本的にボクは文章を書くのがメタ遅いんです。コレ書いてると肝心の原稿の方があやうい感じになってしまうんです。担当さんもやさしいので、それを察してバックステージの更新の催促はしてきません。本当に気の利く担当さんです。

 で、遅くなりましたが、『うえきの法則(無印)』ご愛読ありがとうございました。ラスト10週は思い残すことのないよう、その時出しうるアイディア全てを注ぎ込みました。その結果、数名悲惨なラストを迎えてしまった人もいましたが、そこはドンマイです。(特に「キ」のつく人と「李」のつく人ゴメンなさいです。)
 で、「あー、これでうえきともお別れかー」と、物悲しさにふけっていたら、映像化と連載再開の話が決まって、オイ、ちょっと待て、と!! まとめたよ!? オイラガンバッて後くされなく!! これ以上何を描けっていうの!? そんな感じで表向きには文句たれて、実は内心「よっしゃ――!!」ですよ!! だって映像化ですよ!? 連載再開ですよ!? まとめた!? 描ききった!? 何をおっしゃる、全然ですよ!! まだまだ描きたいこと伝えたいことたくさんあったっつーの!! ありがとう神様、まだボクを見はなしてはなかったんですね!(ありがとう犬丸様。色々ひどい目にあわせてゴメンね。)
 でも、なんかタイトルは変わるらしいことを聞き、少し悩みました。うーん、てことは、また一話目からか。んじゃ初めて読む人にもわかるようにしないとなぁ。
 てなワケでこの展開です。出だしはどんな反応が返ってくるか少々不安でしたが、思いの外みなさん森との一時的な別れを素直にうけとめてくれたようでホッとしました。一応、今後の展開の中で大きなキーパーソンになるであろう、あいちんには、少しの間、蚊帳の外にでてもらって、とりあえずは新キャラ共にご期待くださいませ。(無印よりも濃いキャラばっかになりそうでコワイですが…)

 最後に、この『うえきの法則 プラス』が、少しでもみなさんの人生のプラスになってくれることを願いつつ(と、万年マイナス思考男がほざくなと。)、ではまたの更新で。福地でした。

このページのトップへ