WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

藤田和日郎

Vol.24/2006年3月15日

 こんちは。藤田和日郎です。

 『からくりサーカス』もラストスパートです。
 長期連載が終わりを迎える経験は『うしおととら』でしているとはいえ、まあ何だろね、この熱にうかされているような興奮は。ずーっとお湯の中を進んでるカンジ。
 やる内容がたくさんあって、コマは小さくなるし、ギュウづめで読みづらいのはあやまります。でも、やっときたいんでねえ。もう二度とこの作品を描けないと思うと、少しでもつめ込みたくなっちゃうんですよ。
 八年間。八年もの間、ぎーっちり『からくりサーカス』のことだけを考えてきた男のアタマの中は、さすがに読者のみなさんもひくかもしれない。それが今、解放されっ放しなんだから。
 でも読んで欲しいです。

 感想のメールやお手紙は本当にありがたい。
 読んではパワーに変えてます。何度も読み返しては気合いを入れ直します。

 では。
『からくりサーカス』が終わった後で、またごあいさつをさせていただきます。

 新しく始まった『妖逆門』もよろしくね。
田村君、がんばってるよ!

このページのトップへ