WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

クリスタルな洋介

Vol.30/2009年6月17日

湿気が半端ない部屋に住んでいます。
雨の日なんて、窓を開けたほうが湿気が飛ぶくらい。
・・・・・どうなってるんだ・・・・???
除湿機を買おうかな。

どうも。クリスタルです。

前回、なんだか「ういあー」と奇声を
あげそうになると言ったのですが・・・・・
なぜ、そんなことになるのか
じっくり考えてみると、あるひとつの要因に
気がつきました。

そして、その要因こそが
すべての元凶なのではと。

それは・・・・!!

あ、その前に。
前回のバックステージは何だか読者の方に
心配をかけるような文面だった事を
お詫びいたします。
相手を楽しませなければならない
というのに、「心配してくれ〜」と
言わんばかりの情けない内容。
本当に申し訳ありませんでした。
軽率でした・・・。

しかし!幸運にも・・
「心配した」「大丈夫?」「元気出して下さい!」
等の暖かいメールは

いっさい 無かった のですが ぼく は

げんき で す。

はい。
いや、いいんです。うん。
心配してほしくなんかないんだからいやマジで。
大丈夫!超元気!超充実!
右手超いてえ。
ペンの持ち方変だからね!

さて、本題。

作画作業中に身体がムズムズして
奇声をあげたくなるこの現象。
その正体に気づいてしまったのです。
実は・・・・・

僕は最近・・・
絵を描いていると・・・・・・

い き を し て な い

のです。

・・・・・・・・うん。
してない。してなかった。

まあ、つまり、息を止めて絵を描いて
限界に近づくと身体が揺れだして
「ういあー!」と息を吸っていたらしい。
息を吸っていたので、「ういあー」という
声は出ていなかった。

・・・そういうわけだったのです。
・・・・・・・・・。

いや、それだけじゃないぜ!
実は最近、息がしづらくて。
この前あまりに息がしづらいので
深夜に病院へ行ってきました。
何か原因がある。
だから絵を描くときも呼吸が止まるんだ・・・!
怖いなあ。変な病気じゃなきゃいいんだけど。
そう思い、医師の診断を受けていると

医「ぜんぜんなんともないです」

と、床を見ながら僕に言ってくれました。

走って帰りました。

翌日、担当さんにこの事を言うと
「マジで?だっさー!」
と一言。

・・・・・・・・
えー気のせいでしたーー!!!!!!!!!
これからもがんばりまーーーーす!!!!!!
てへーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

このページのトップへ