WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

東 毅

Vol.130/2014年5月7日

皆さん先週の電波教師いかがでしたか!?東です

前回のバックステージは内容コメントできなかったので、今回改めてコメントします

先週は、いよいよ始まる班戦争最終戦!!という内容でした

いつもは陣頭指揮を執る純一郎も、今回は一人の団員として
参加するというスタンスで試合に臨みます

・・・ということで、こういう時やっぱり真っ先に突撃するのは
七海とマキナということになるのですが

この二人、班戦争編になってから妙に二人になることが多いというか・・・

犬猿の仲という割りにはフラグ立てまくってるようにも見えますね

計算外です(ホントか!?)

七海は前に、教室で皆して漫画描く『ソドム教室』の回で
切子に踏まれたのをきっかけに
切子とフラグ立てようと思ってたこともありましたが、断念したことがあります

なかなか恋愛とかそっちに持っていきにくいんですよね、顔面パンチのことも
尊敬してるだけで、恋愛感情とは違うものですし・・・

・・・つか、それを言うならマキナとの関係の方がもっと違いますけど・・!!!

まあ、班戦争やってるうちはそんな色っぽい話にはならないことと思います


班戦争終わったら、そんな桃色短編エピソード描くんだ・・・!!

・・・・っていかんいかん!!死亡フラグ立てるとこでした!!
班戦争編終わっても東は死にませんよ!!

・・・と、そんなこんなで最終戦は続きます

それでは皆さんまた来週〜〜!!

このページのトップへ