WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

東 毅

Vol.127/2014年4月16日

皆さん今週の電波教師いかがでしたか!? 東です

今回は更に最終決戦の舞台が整い
そして中盤に時坂の、ラストには藍沢の爆弾発言も飛び出す!!・・・という内容でした

班戦争編も始まって早いもので1年あまり
(とはいえ作中では1か月経ってないですが)

いよいよ班戦争も終局に向けて加速していきます

時坂が最後の対戦相手になるのは当初から想定してありましたが
どのような流れでそこに向かうかは、いろいろ考えました

有栖も久しぶりの出番でしたが、踏んだり蹴ったりな様子です
ホントの立場では彼女がラスボスだというのに
あらゆる事が彼女の頭の上を通過して決まっていくという・・・

強気で頑張っているのに、この可哀想な感じが
描いててなんとも可愛いです

きっと『黒軍』が暴れまわってる頃は一人で喜んでたんだろうなあ・・・

「時坂を班戦争に参加許可した私ナイス判断!!」
みたいな感じで
時坂があんなこと考えてるとは夢にも思わずに・・・

・・・なんて思うと、有栖が可愛く思えてくるから困ったものです
ラスボスの敵キャラだというのに・・・!!

まあ、時坂が何を考えてたかは本編で確認して頂くとして
自分で描いといてなんですが、
部下が優秀すぎる敵のボスというのも大変ですね


・・・というわけで、次回はいよいよ最終戦前夜です

それでは皆さんまた来週〜〜!!

このページのトップへ