WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

東 毅

Vol.122/2014年3月12日

皆さん今週の電波教師いかがでしたか!? 東です

今回、ついに魔法少女編完結となりました

あっという間な気もしますが、実は今回の魔法少女編は
これまでの電波教師のシリーズの中で最も長いシリーズとなりました
(ちなみにこれまでの最長は双子少女編です)

描きたい部分をすべて描けたかといえば、話の展開上
どうしても入れられなかったシーンとかも多々あるのですが
個人的には、思い切り趣味に走ることが出来て
とても楽しいシリーズでした

ラストの光太郎と七瀬のやりとりは、このシリーズをやろうと思った時から
考えていた部分だったので、気持ちよく書くことができました

ウロボロス内での名前は、光太郎は本名の「光」から「ルーチェ」
七瀬は「七」から七色の虹、そこから「イーリス」と
本人達が関連付けて名付けたことになっています

今回のテーマとして、光太郎の精神的な成長も
描きたいというのがあったので
そのあたりはバランスが難しいところでした
純一郎が出ないことには「電波教師」は始まらないので
何とも光太郎との調整が・・・

・・・と、思い返せば反省点も多いですが、頭を切り替えて
また次回のシリーズへと進んでいこうと思います

2ヶ月ぶりに純一郎が男に戻るわけですからね!!

本編では20分前後てとこなんでしょうけれども!!


・・・そういうわけで次回は読み切り話です
それでは皆さんまた来週〜〜!!

このページのトップへ