WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

東 毅

Vol.110/2013年12月4日

皆さん今週の電波教師いかがでしたか!? 東です
今回は勝負の三本目、
そしていよいよ純音が主操縦士を務めるという内容でした。
今回の対戦で空戦アクションゲームをやるということになった時
なるべくギャップのある対戦がしてみたいと思ったものですが
今回はその究極ですね!!
やっぱり零戦は男のロマンです
「零戦は単座じゃねーか!!」
というツッコミに対しても
「複座に改造された、偵察用の特別機です」
と言って、たじろぎません(実際あったらしいですし)
中学生の頃、男の子は皆「大空のサムライ」読んで
「俺も零戦に乗ってグラマンと戦うぜ・・・!!」
等と胸を熱くしたのではないでしょうか?
ですので、実は最後は零戦使いたいなと思っていました
対戦する機体は何にしようかと結構悩んだんですが、
ある意味零戦と対極にある機体という意味でミグ31を選びました
ヒットアンドアウェイを極限まで追求したミグと
巴戦を得意とする零戦の組み合わせは面白いと思ったからです
ちなみに環の回想シーンに出てくる世界王者が使用してた機体はF-23です
今回の対戦で使うことができなかったので登場させました
「赤い流星」モードに入った環のSu-27は
この「実在機最強」とも噂されるF-23に逆転勝利して世界王者に
なったわけですから大したものですね
・・・と、わかる人しか楽しめないマニアックな話はこれくらいにして
いよいよ次の話でこの団長戦に決着がつきます
果たして零戦対ミグ31の勝負の行方は・・・!!
それでは皆さんまた次回お会いしましょう〜!!

このページのトップへ